だんご [だんごじる]  
 
 

 
あみ飯

 
牛乳

 
だんご汁

 
三色なます

 
みかん
   

(だんご汁は本来主食用ですが、給食では、だんご(麺)の量を減らし汁物として取り入れました。)

 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
697kcal
27.1g
16.1g
410mg
4.8mg
537μgRE
0.59mg
0.61mg
54mg
6.9g
3.4g
112mg
3.5mg
 
 だんご汁は、大分県を代表する郷土料理です。平たくのばしただんごと、たっぷりの季節の野菜を入れた汁です。
 昔、米不足のため、代わりに使われたのが小麦粉でした。
そのため「やせうま」「まんじゅう」などの小麦粉料理がたくさん食べられてきました。
 あみ飯は、宇佐市の郷土料理です。豊前の海で捕れたあみを甘辛く味付けし、ごはんに混ぜた料理です。えびによく似た形のあみは、殻ごと食べることができます。カルシウムたっぷりで、成長期のみなさんにはしっかり食べてほしい料理です。

  家庭や季節によりだんご汁に使われる食材は変わるが、煮干しのだしに麦みそを使うことが多いようである。大分県特産のカボスを食べる直前にしぼり入れたり、柚子胡椒で辛味をきかせて食べることもある。
   
 
  《参考資料》    
  日本の食生活全集44  聞き書大分の食事 農山漁文化協会