大分県  OITA
   
  大分県は温暖な気候と豊かな自然に囲まれており、遠浅の豊前海から、リアス式海岸の豊後水道まで変化に富んだ地形を生かして、各海域で特徴ある漁業や養殖業が営まれています。一方、内陸山間部では起伏の多い地域の中で米を基盤に野菜や果樹、しいたけの栽培、肉用牛などの畜産も行われています。古くから「豊の国」の名のとおり、また小藩分立という歴史的な背景から、それぞれの地域で特色のある海の幸、山の幸を利用し、家庭や地域の素朴な味として育まれてきた郷土料理が数多く伝えられています。
 
  黄飯とかやく   だんご汁    やせうま



 

  黄飯とかやく    おうはんとかやく      
   
エネルギー ・・・・・ 419kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 18.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 6.0g
カルシウム ・・・・・ 125mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.5mg
ビタミンA ・・・・・・・ 286μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.43mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンC ・・・・・・・ 10mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.6g
マグネシウム ・・・・ 54mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.7mg


由 来
 黄色いごはん「黄飯」は、安土桃山のころ、キリシタン大名の大友宗麟が、キリスト教の宣教師に教えて もらったという説があります。また、臼杵藩(うすきはん)藩主、稲葉公(いなばこう)が快気祝の時に、 現在赤飯を配るのと同じ意味で用いられたという説や参勤交代の途中、家来へのねぎらいのごちそうとして 出されたものが始まりという説もあります。「黄飯」は、サフランのめしべで黄色く色をつけた代表的な料理 「パエリア」が伝わって、臼杵の山野に自生するくちなしにかわったのではないかといわれてい ます。
 「かやく」は、多忙な商家が、大晦日に大量にかやくを煮て、温めなおしては、食べたといわれてい ます。 煮なおすほどおいしくなり、庶民の生活の知恵から生み出された料理といえます。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ くちなしの実を洗って、水につけておき黄色い水を作っておく。
○ 乾しいたけは、洗って水でもどしておく。
○ 油揚げは、油抜きをしておく。

作り方
くちなしの実の黄色い水で、ごはんを炊く。
鍋にサラダ油を熱し、えそ(魚のすり身)、ごぼう、木綿豆腐、もどししいたけ、油揚げの順に炒める。
材料にある程度火が通ったら、だいこん、にんじんを加え、野菜からの水分が足りないときは、水を足し、野菜に火が通るまで煮る。
煮えたら、調味料を入れ、味をととのえる。
最後に葉ねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
黄飯 ①精白米②③くちなしの実の水
かやく⑫→④→⑦→⑪→⑥→⑨→⑧→⑬⑭→⑩

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ くちなしの実・・・・・・・・・・・・・・・・
④ えそ(魚のすり身)・・・・・・・・・・・
⑤ だいこん(0.5cm 拍子切り)・・・
⑥ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
⑦ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・・
⑧ にんじん(短冊切り)・・・・・・・・・・
⑨ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑩ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑪ 木綿豆腐(つぶす)・・・・・・・・・・・
⑫ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
80g
96g
0.2g
45g
50g
0.4g
18g
18g
4g
5g
35g
2g
7g
0.4g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  だんご汁  だんごじる     
   
エネルギー ・・・・・ 248kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 8.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.0g
カルシウム ・・・・・ 62mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 166μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.11mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンC ・・・・・・・ 5mg
食物繊維 ・・・・・・・ 5.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 2.0g
マグネシウム ・・・・ 46mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.8mg


由 来
 各地で食べられている「だんご汁」。大分県のだんご汁は、たくさんの 旬の食材を加え、みそ味に仕上げたものです。だんごは、小麦粉を耳たぶほどの固さにこね、よくねかせた生地をのばしながら入れます。
 米不足を補うため、代わりに使われたのが小麦粉です。主食代わりや 間食用に小麦粉料理が多く食べられてきました。 また、米粉で作るだんご汁もあり、だんごを丸くし赤ちゃんが丸々と丈夫に円満な人柄に育つようにと願い、出産直後の女性に食べさせる地域もあります。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 乾しいたけは、洗って水でもどしておく。
○ 油揚げは、油ぬきしておく。
○ さといもは、皮をむき一口大に切り、ぬめりを取っておく。
○ 煮干しと水でだしをとっておく。
作り方
小麦粉に食塩を溶かした水を少量ずつ入れ、よくこねる。耳たぶほど の硬さになったら、親指ほどの大きさのだんごにし、濡れ布巾をかけ 30分ほど寝かせる。
だし汁に野菜を加え煮る。
野菜がやわらかくなったら、1のだんごを伸ばしながら入れる。
3に麦みそを加え、味を整えたら葉ねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪⑫だし汁→⑧→⑥→⑦→④→①②③だんご→⑩→⑨

  ① 小麦粉(中力粉)・・・・・・・・・・・・・
② 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑤ さといも(一口大)・・・・・・・・・・・・
⑥ ごぼう(厚めのささがき)・・・・・・・
⑦ にんじん(半月切り)・・・・・・・・・・
⑧ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・・
⑨ 葉ねぎ(ななめ切り)・・・・・・・・・・
⑩ 麦みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40g
0.4g
20g
8g
30g
20g
10g
2g
5g
15g
3g
300g
   


 

  



 

  やせうま    やせうま      
   
エネルギー ・・・・・ 245kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 8.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.3g
カルシウム ・・・・・ 47mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.7mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.16mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.4g
マグネシウム ・・・・ 44mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.8mg

 
由 来
 平安時代、京から移ってきた鶴清丸(つるきよまる)が、乳母の「八瀬(やせ)」と由布川(ゆふがわ)のほとりに住むようになりました。「八瀬」に鶴清丸が、「やせ、うま うま」とおやつをねだると、小麦粉を練ってひも状にのばし、煮立った湯の中でゆで、きな粉をまぶして食べさせたのが始まりといわれています。
 幼君が、「やせ、うまうま」とおやつをねだった言葉から「やせうま」という名前がついたといわれています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    作り方
ボールに小麦粉と塩を入れ、水を少しずつ加えながら、耳たぶ位の柔らかさにこねる。
1を棒状にのばし、親指大の大きさにちぎり、ぬれ布巾をかけて20分ほどねかせる。
鍋にたっぷりのお湯を沸かし、2をひきのばして入れていく。ゆで上がったらザルに取り、重ならないように冷ます。
きな粉と砂糖、食塩を混ぜ合わせ、ゆでただんごにからませる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①②③だんご→④⑤⑥

  ① 小麦粉(中力粉)・・・・・・・・・・・・・
② 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ きな粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
35g
0.2g
20g
16g
12g
0.2g