せんだご [せんだごじる]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
このしろのみりんぼし

 
せんだご汁

 
かぶの甘酢あえ

 
   
 
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
698kcal
28.7g
16.7g
445mg
2.8mg
328μgRE
0.23mg
0.49mg
28mg
3.4g
1.7g
98mg
2.9mg
 
  せんだご汁は、熊本県の天草地方の郷土料理です。だごは熊本弁で「だんご」を意味します。せんは洗うという漢字を使います。すりつぶしたさつまいもを洗ってでんぷんを取り、それでだんごを作るので「せんだご汁」というようになりました。
 天草は、山が海岸に迫っていて平地が少ないため「棚田」が多く、米の生産量が少ない地域です。そこで、古くから畑でとれるさつまいもが、主食代わりにいろいろな料理に使われてきました。せんだご汁は天草地方で作られるようになったそうです。
 さつまいもだけでなく、白菜やにんじん、たまねぎ、しいたけなどもたっぷり入っていますので、食物繊維が多く、おなかの調子を整えてくれること間違い無しです。モチモチとした食感を楽しんで、よくかんで食べてください。

  天草の一部の地域では、じゃがいもを使ったせんだご汁がある。当時、じゃがいもはポルトガル人によって天草に伝えられたと言われている。じゃがいもで作ると、半透明のつるっとした仕上がりのだごになる。
   
 
  《参考資料》    
  くまもとふるさと食の名人
気になる!くまもと」HP(www.kininaru-k.jp/)
「天草観光情報たからじま旅ナビ」HP(www.t-island.jp/)