佐賀県 SAGA
   
  佐賀県は、北に玄海灘、南に有明海、中央にそびえる脊振(せぶり)山系、ふもとに広がる佐賀平野などの恵まれた地形から、「有明のり」「むつごろう」「佐賀牛」など有数の特産物を生み出しています。
 また、佐賀には日本最古の稲作跡である唐津市の「菜畑遺跡」、弥生時代の大規模稲作が行われた「吉野ヶ里遺跡」が発見されており、日本の稲作の原点は佐賀にあり、といわれています。その他、美しい日本料理をひきたてるための器、日本磁器発祥の「有田焼」も有名です。
 
  うったち汁   かけあえ    煮ごみ



 

  うったち汁   うったち汁      
   
エネルギー ・・・・・ 109kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.3g
カルシウム ・・・・・ 17mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 94μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.7g
マグネシウム ・・・・ 19mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg


由 来
 平安時代の女流歌人、和泉式部が都へ旅立つ時に、養父母がこの「うったち汁」を食べさせて見送ったと言う伝説の料理であり、「うったち」とは、塩田の方言で「旅立ち」と言う意味です。
 今でも塩田では、就職や結婚で家を出る子どもにこの料理を食べさせる習慣が残っています。「うったち汁」には、通常鯨の脂身を使 います。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 乾しいたけは洗って水でもどし、もどした汁はだし汁として使う。
○ さといもはゆでて、ぬめりをとる。
○ ごぼうはささがきにして水にさらす。

作り方
地粉、食塩、水を合わせ、耳たぶの固さにする。
サラダ油でごぼう、にんじん、たまねぎを炒め、残りの材料を入れだし汁で煮る。
あくをとりながら、弱火で煮る。
材料に火が通ったら、調味料を入れ1をちぎり落とし入れる。
最後に葉ねぎを散らす。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪油→⑦ごぼう→⑧にんじん→⑤たまねぎ→①おばやき→
⑥さといも→⑩もどししいたけ→②③④地粉をこねたもの→⑬食塩
⑭こいくちしょうゆ⑮清酒⑯うすくちしょうゆ→⑨葉ねぎ

  ① おばやき(鯨本皮)・・・・・・・・・・・
② 地粉(じごな)(中力粉)・・・・・・・・
③ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ たまねぎ(せん切り)・・・・・・・・・・
⑥ さといも(1㎝いちょう切り)・・・・・
⑦ ごぼう(小さいささがき)・・・・・・・・
⑧ にんじん(1㎝いちょう切り)・・・・
⑨ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑩ 乾しいたけ(1㎝せん切り)・・・・・
⑪ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑮ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑯ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
7g
14g
0.1g
10g
15g
13g
10g
6g
3g
0.5g
130g
0.8g
0.06g
3.5g
1.2g
1g
   
     
     
     
     
     
  ◎おばやきがない時は豚ばら肉を使う。    
     
     


 

  
 


  かけあえ   かけあえ     
   
エネルギー ・・・・・ 46kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.6g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.7g
カルシウム ・・・・・ 27mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 76μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0mg
ビタミンC ・・・・・・・ 5mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.3g
マグネシウム ・・・・ 14mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.3mg


由 来
 農業用水路の多い佐賀平野ではそこに生息する新鮮な鮒を酢じめにし、おろした大根と一緒に酢 みそで和えたものを食べていました。
 現在では、鰯や鯖やいかを使い、だいこんやきゅうりやねぎなど季節の野菜を用います。
 本来は旬のだいこんを鬼おろし(竹製の粗いおろし器)でおろし、その汁をみそや酢と合わせうま味を生かして作 ります。
 冬場の季節料理であり、身近な地域の祭りや節目の行事の時には必ず作るごちそうです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 白ごまはすっておく。

作り方
にんじんはゆでて冷ます。
いかは清酒をふり、ゆでて冷ます。(氷水にさっとつけると固くなら
ない。)
だいこんはすりおろす。
調味料とごまを合わせて、にんじんといかを和える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
③にんじん→①いか→⑤清酒→②だいこん→⑥穀物酢
⑦米みそ⑧砂糖(上白糖)④白ごま

  ① いか(短冊切り)・・・・・・・・・・・・・
② だいこん(すりおろす)・・・・・・・・・
③ にんじん(短冊切り)・・・・・・・・・・
④ 白ごま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 穀物酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 米みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
10g
40g
5g
1g
2g
2g
4g
3g
   


 

  



 

  煮ごみ   にごみ      
   
エネルギー ・・・・・ 113kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 5.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.7g
カルシウム ・・・・・ 242mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 163μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.11mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンC ・・・・・・・ 16mg
食物繊維 ・・・・・・・ 4.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.6g
マグネシウム ・・・・ 38mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.7mg

 
由 来
 伊万里(いまり)や西松浦(にしまつうら)地域の「おくんち料理」の1つです。
 「おくんち」は「お供日」と書き、自然の恵みに感謝して行う祭りです。
 「煮ごみ」は主要の「おくんち料理」の残り素材を上手に組み合わせ、あずきを加えた「おくんち」の名脇役料理です。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ あずきは固めにゆでておく。ゆで汁はとっておく。
○ 乾ししいたけ・野菜昆布は洗って水でもどし、もどし汁はだし汁として
使う。
○ 板こんにゃく・れんこん・ごぼうは下ゆでをする。
○ さといもはゆでてぬめりをとる。
○ さやいんげんはすじをとり、塩ゆでをする。

作り方
サラダ油で鶏もも肉を炒め、下ゆでをした材料を入れ煮込む。
だし汁と茹でたあずきのゆで汁を加えて煮る。
あくをとり、もどししいたけ、野菜昆布、あずきを入れ調味する。
最後にさやいんげんを散らす。
◎小豆の甘みにより砂糖を加減する。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪油→①鶏もも肉→③さといも④れんこん⑤ごぼう⑥板こんにゃく
⑦にんじん→⑯水→⑨もどししいたけ→⑩野菜昆布→②あずき→
⑫清酒⑬本みりん⑭砂糖(三温糖)⑮こいくちしょうゆ→
⑧さやいんげん

  ① 鶏もも肉(小間切れ)・・・・・・・・・・
② あずき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ さといも(1.5㎝角切り)・・・・・・・
④ れんこん(1.5㎝角切り)・・・・・・
⑤ ごぼう(1.5㎝角切り)・・・・・・・・
⑥ 板こんにゃく(1.5㎝角切り)・・・
⑦ にんじん(1.5㎝角切り)・・・・・・
⑧ さやいんげん(ななめ切り)・・・・・
⑨ 乾しいたけ・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1.5㎝角切り)
⑩ 野菜昆布(にこんぶ)・・・・・・・・・・
(1.5㎝角切り)
⑪ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑯ 水(乾しいたけのもどし汁とあずきのゆで汁)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
5g
30g
20g
20g
15g
10g
5g
1g

1g

5g
1g
1g
1g
2g

60g