福岡県 FUKUOKA
   
  福岡県は、三方を海に囲まれています。そして、いくつかの山地と、その間を流れる河川や肥沃な平野など、自然に恵まれた地域です。この恵まれた自然条件を生かして、いちごの「あまおう」や「博多なす」に代表されるように、全国に誇れる農産物もたくさんあります。
 また、古くは太宰府政庁や鴻臚館(こうろかん)が置かれるなど、中国大陸や朝鮮半島との交流の窓口であり、今でも九州の玄関口として、いろいろな物や人・文化の交流が盛んな場所です。このような特色を持つため、地域によって様々な食文化が発達しています。
  がめ煮   鰯の糠みそだき    そうめんちり



 

  がめ煮  がめに      
   
エネルギー ・・・・・ 151kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 8.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 6.7g
カルシウム ・・・・・ 103mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.5mg
ビタミンA ・・・・・・・ 162μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.10mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.11mg
ビタミンC ・・・・・・・ 12mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.5g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.7g
マグネシウム ・・・・ 44mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.8mg


由 来
 「がめ煮」は、昔、福岡県の北部を「筑前の国」と言っていたことから、別名「筑前煮」とも呼ばれます。「がめ煮」の名の由来には諸説があります。鶏肉や野菜などいろいろな材料を使うので、博多の方言で「寄せ集める」という意味の「がめくりこむ」から名付けられたという説や、豊臣秀吉が朝鮮に出兵するため博多に立ち寄ったときに、博多の川や沢にいるスッポンをつかまえて野菜と一緒に煮たことから、スッポンの博多弁「がめ」からきたという説もあります。
 「がめ煮」は、正月やお祭り、よど(農山村の氏子の夏祭り)などの行事のときや、結婚式、葬式などの冠婚葬祭、その他の祝い事、客のあるとき、運動会などの弁当のおかずと、何事かがあると必ずといっていいほど作る料理です。葬式の時は鶏肉が入らなかったり、夏には芋や大根が入らなかったりと、行事や季節によって入れるものは多少変わります。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 厚揚げは油抜きする。
○ 板こんにゃくとさやえんどうは、それぞれ下ゆでする。
○ 乾ししいたけは洗って水でもどし、もどし汁はだし汁として使う。

作り方
鍋にサラダ油を熱し、鶏もも肉に清酒をふり入れて炒め、少しの砂糖(三温糖)、こいくちしょうゆで下味を付け、れんこん、ごぼう、こんにゃく、にんじん、 もどししいたけを炒める。
さといもとだし汁を加えて煮る。
厚揚げ、残りの砂糖、こいくちしょうゆを加えて煮込む。
さやえんどうを入れ、仕上げる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑩サラダ油→①鶏もも肉→⑪清酒→⑫さとう→
⑬こいくちしょうゆ(少しずつ)→②れんこん→③ごぼう→
④こんにゃく→⑤にんじん→⑥もどししいたけ→⑦さといも⑭だし汁→
⑧厚揚げ→⑫砂糖⑬こいくちしょうゆ(残り)→⑨さやえんどう

  ① 鶏もも肉(2cm 角切り)・・・・・・・・
② れんこん(乱切り)・・・・・・・・・・・・
③ ごぼう(乱切り)・・・・・・・・・・・・・・
④ 板こんにゃく(一口大にちぎる)・・
⑤ にんじん(乱切り)・・・・・・・・・・・・
⑥ 乾ししいたけ(1.5cm 角切り)・・
⑦ さといも(3cm 乱切り)・・・・・・・・
⑧ 厚揚げ(2cm 角切り)・・・・・・・・・
⑨ さやえんどう(半分に切る)・・・・・
⑩ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑭ だし汁乾しいたけのもどし汁+水
20g
10g
15g
20g
20g
1g
30g
30g
5g
5g
1g
2.5g
5g
30g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  鰯の糠みそだき  いわしのぬかみそだき     
   
エネルギー ・・・・・ 132kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.4g
脂質 ・・・・・・・・・・ 7.1g
カルシウム ・・・・・ 33mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 16μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.21mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.19mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.8g
マグネシウム ・・・・ 17mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.4mg


由 来
  約400年前、小笠原家藩主・忠真公が小倉城の初代藩主として故郷の信州から赴任した ときに、信州の「糠みそ」を持ってきました。その糠みそと、北九州の周りの海でたくさん獲れていた「いわし」が 出合って誕生した料理であり、「じんだ(糂汰)煮」とも言います。じんだ(糂汰)とは「糠みそ」の意味であり、「徒然草(つれづれぐさ)」にも「後世を思わん者は、糂汰瓶一つ持つまじき事なり」といった一文があ ります。「じんだ(糂汰)煮」は、江戸時代から保存食として作られてきました。また、「じんだ」を「陣を立てる」という意味にかけて、縁起が良い食べ物として小笠原公が好んで食べていたとも言われています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ いわしは頭と内臓は取り除く。

作り方
糠みそ、調味料、水を合わせ煮立たせる。
いわしを調味液に入れ強火にする。
煮たってから、魚に煮汁がまわる程度の火加減にし1時間くらい煮含める。
煮上がったら、冷ました後、盛りつける。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
②糠みそ③砂糖(三温糖)④清酒⑤本みりん⑥こいくちしょうゆ
⑦水→①いわし

  ① いわし(一匹)・・・・・・・・・・・・・・・
② 糠みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
④ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40g
8g
3g
2g
2g
5g
20~30g
   


 

  



 

  そうめんちり  そうめんちり      
   
エネルギー ・・・・・ 150kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.7g
カルシウム ・・・・・ 72mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 165μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンC ・・・・・・・ 6mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.9g
マグネシウム ・・・・ 24mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.9mg

 
由 来
  昔は産卵用にどこの家庭でも鶏をかっていて、「庭の野菜」とも言われていました。交通の便も悪く、街まで肉を買いに行くのもむずかしい山間部の地域では、祭りや寄合い、親せきが集まったときなどに、鶏肉と畑の野菜で作る「ちり」がごちそうとされました。
 また、当時はザラメ(中ざら糖)も貴重品だったため、ザラメをたくさん使う「ちり」は、たいへんなごちそうでした。農繁期の前には体力をつけるため、農作業が終わると労をねぎらうため「そうめんちり」が食べられました。また、盆には仏前にそうめんをそなえる風習があったため、盆が終わると「そうめん開き」といって、おそなえのそうめんを使って「ちり」を作っていました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 鶏がらでスープをとっておく。
○ そうめんを固めにゆで、水で冷やす。

作り方
スープに鶏もも肉を入れて煮る。
しゅんぎく以外の材料を加える。
野菜が煮えたら、調味料を入れ、味をととのえる。
しゅんぎくを入れる。
器にそうめんを入れ、5をかける。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨⑭→①鶏もも肉→⑥こんにゃく→⑤根深ねぎ→④はくさいの茎→
③にんじん→④はくさいの葉→②焼き豆腐→⑩~⑬調味料→
⑦しゅんぎく→⑧

  ① 鶏もも肉(2cm 角切り)・・・・・・・・
② 焼き豆腐(3cm 角切り)・・・・・・・
③ にんじん(たんざく切り)・・・・・・・・
④ はくさい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(葉と茎に分けて、3cm 角切り)
⑤ 根深ねぎ(ななめ切り)・・・・・・・・
⑥ つきだしこんにゃく・・・・・・・・・・・・
⑦ しゅんぎく(3cm)・・・・・・・・・・・・・
⑧ そうめん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 鶏がら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 砂糖(中ざら糖)・・・・・・・・・・・・・
⑪ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
30g
30g
8g
30g

10g
10g
8g
20g
30g
7g
10g
2g
1g
60g