どろめのぬた [どろめのぬた]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
土佐はちきん地鶏の
ゆずサラダ

 
どろめのぬた

 
けんちん汁

 
いちご
 

 

 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
674kcal
29.1g
16.7g
379mg
2.2mg
220μgRE
0.29mg
0.51mg
83mg
4.5g
2.8g
106mg
3.4mg
 
 高知県は清流が流れこむ広大な太平洋と四国山脈にかこまれ、海と川、山などからたくさんの恵みをいただきます。今日は高知の郷土料理のどろめを使った献立です。どろめは生のまま、三杯酢やにんにくのぬたをかけて食べますが、いたみの早いどろめを生のまま給食として出すことができないので、今日はさっと茹でてからぬたをかけました。茹でたどろめはちりめんじゃこといいます。今日は高知産の「土佐はちきん地どり」をゆず風味のたれにからめたサラダと、地域の方が作ってくれたこんにゃくやとうふ、野菜を使った栄養たっぷりのけんちんじる、佐川町でとれたいちごもつけた地産地消メニューとなっています。

  どろめは生のいわしの稚魚のことだが、なぜどろめと呼ばれるかというと、どろの中から目をぎょろっと出すからとか、身が半透明のどろっとした中に目だけが見えるからとか、いろいろな説がある。
   
 
  《参考資料》    
  土佐の味  ふるさとの台所
土佐の食卓