あんもち雑煮 [あんもちぞうに]  
 
 

 
菜めし

 
牛乳

 
はまちの照り焼き

 
三色なます

 
あんもち雑煮
 
キウイフルーツ(香緑)
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
689kcal
25.3g
18.9g
313mg
2.2mg
386μgRE
0.48mg
0.47mg
54mg
5.3g
2.8g
85mg
2.8mg
 
  みなさんは、お正月には、お家でどんなお雑煮を食べましたか。給食では、あんこが入ったかわいいもちを入れた、あんもち雑煮にしました。このあんもち雑煮は、香川県の郷土料理なのです。
 「讃岐三白(さぬきさんぱく)」の一つである砂糖は讃岐の特産物でしたが、今のように、いつでも手に入るものではなかったようです。砂糖が貴重な時代、お正月に食べることができたあんもち雑煮は、何よりのごちそうでした。それが代々伝えられてきて、あんもちを入れたお雑煮は、全国的にも珍しいお雑煮といわれています。
 年末に、雑煮用の細い大根を売っているのを見たことがあると思いますが、中に入れる大根やにんじんは、「家族が仲良く円満でありますように」という願いを込めて、丸く切るのだそうです。

  あんもち雑煮の伝承地域は、高松、坂出、丸亀を中心とした平野部であり、西讃(せいさん)や島しょ部では、食べない地域もあるようだ。
 また、中に入れる具は、地域や家庭によってさまざまのようであるが、味は白みそを使用する家庭がほとんどである。
   
 
  《参考資料》    
  「 さぬき味の歳時記」 香川県農林水産部農業改良課
「 ふるさとの味香川の食文化」 食文化の会