香川県 KAGAWA
   
  香川県は、四国の東北部に位置し、瀬戸内海に面した全国で最も小さい県です。栗林公園や源平合戦の屋島、金刀比羅(こんぴら)宮、小豆(しょうど)島などの観光名所を有し、美しい自然と四季を通じて温暖な気候に恵まれ、万葉集にも、「玉藻よし讃岐の国は国がらか見れども飽かぬ」と歌われています。県魚のはまち、県花・県木のオリーブは、広く県民に親しまれています。また、温暖少雨の気候で良質の小麦が栽培されたことや、塩、しょうゆ、いりこ(煮干し)の入手が容易にできたことにより、食文化として根付いた讃岐うどんは全国的に有名です。
 

  あんもち雑煮    打ち込み汁    まんばのけんちゃん


 

  あんもち雑煮  あんもちぞうに      
   
エネルギー ・・・・・ 239kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.0g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.0g
カルシウム ・・・・・ 35mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 89μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.9g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.3g
マグネシウム ・・・・ 25mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.0mg


由 来
 砂糖が貴重な時代、正月に食べるあんもち雑煮は、何よりのごちそうでした。この時に使う白みそは、秋の取り入れがすむと、すぐに、蒸した大豆に米こうじを多くして、塩分をひかえて仕込み、1~2か月熟成させました。この白みそは、いろいろな使い方ができるので、昔は冬場の調味料として重宝されていました。
 あんもち雑煮に入れる具は、地域によって里いも、ごぼう、油揚げを入れたり、おわんに盛った時に、花かつおやねぎを入れることもあります。
 家族みんなが仲良く、円満でありますようにとの願いを込めて、もちは丸く野菜は輪切りにするといわれています。正月の雑煮にあんもちを使うのは、全国的にも珍しく、讃岐ならではの味です。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 煮干しと水でだしをとる。

作り方
なべにだし汁を入れ、だいこん、金時にんじんを入れて煮る。
煮えたら、あん入り丸もちを入れ、少し柔らかくなったら、白みそをだし汁で溶いて入れる。
おわんに盛り、青のりをふる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
④⑤だし汁→②だいこん③金時にんじん→①あん入りもち→⑥白みそ→⑦青のり

  ① あん入り丸もち(1個)・・・・・・・・・
② だいこん(3mm 輪切り)・・・・・・・
③ 金時にんじん(3mm 輪切り)・・・・
④ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 白みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 青のり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
80g
20g
10g
50g
200g
20g
少々
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  打ち込み汁   うちこみじる     
   
エネルギー ・・・・・ 330kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 14.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 6.0g
カルシウム ・・・・・ 94mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 2.0mg
ビタミンA ・・・・・・・ 185μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.15mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンC ・・・・・・・ 14mg
食物繊維 ・・・・・・・ 6.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 2.6g
マグネシウム ・・・・ 66mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.6mg


由 来
 雨量が少なく温暖な気候に恵まれている香川県では、昔から良質な小麦粉、うどん作りに欠かせない塩、さらに、煮干しの原料となるかたくちいわしが、瀬戸内海では豊富にとれていました。そのためうどんといえば讃岐といわれるほど定着しています。
 打ち込み汁は、讃岐の農村の日常食として、うどんと季節の野菜をふんだんに使って、どこの家庭でもよく作られてきました。野良仕事から一足先に帰った主婦が、手早く作る汁物の一つでした。打ち込み汁には、塩を使わずに打ったうどんを入れます。これは、塩分入りの麺だと汁が塩辛くなるためで、先人の知恵ともいえます。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ ボールに小麦粉と水を入れてよく練り、2~3時間ねかせる。打ち粉をふり、麺棒で5㎜位にのばす。たっぷり打ち粉をして、びょうぶだたみにし、5㎜幅に切る。1本ずつほぐして生うどんを作っておく。
○ 煮干しと水でだしをとる。

作り方
なべにだし汁を入れ、鶏もも肉を入れて煮る。
沸いたら、だいこん、にんじん、ごぼう、さといも、生しいたけ、油
揚げを入れて煮る。
2にうどんを入れて10分煮込む。途中で、溶いたみその1/3量を入れる。
残りのみそを加えて、味をととのえる。
ねぎを入れて仕上げる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪⑫だし汁→②鶏もも肉→③だいこん④にんじん⑤ごぼう⑥さといも⑦生しいたけ⑧油揚げ→①生うどん→⑩みそ→⑨ねぎ

  ① 生うどん
  小麦粉(中力粉)・・・・・・・・・・・・・
  水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 鶏もも肉(こま切れ)・・・・・・・・・・
③ だいこん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(0.2㎝厚さいちょう切り)
④ にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(0.2㎝厚さいちょう切り)
⑤ ごぼう(小さめささがき)・・・・・・・・
⑥ さといも(小さめ角切り)・・・・・・・
⑦ 生しいたけ(うす切り)・・・・・・・・・
⑧ 油揚げ(1×0.5㎝短冊切り)・・
⑨ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑩ 白みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

50g
20g
20g
50g

20g

20g
20g
10g
10g
5g
20g
5g
280g
   


 

  



 

  まんばのけんちゃん  まんばのけんちゃん      
   
エネルギー ・・・・・ 65kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 3.7g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.4g
カルシウム ・・・・・ 90mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 190μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンC ・・・・・・・ 35mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.5g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.4g
マグネシウム ・・・・ 24mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg

 
由 来
  「まんば」はタカナ類の一種で、緑黄色野菜の少ない冬に大きな濃い緑色や赤紫色の葉を伸ばします。葉を外側から取っていっても次々芽を吹くことから万葉(まんば)、千葉(せんば)、百貫(ひゃっかん)といわれています。
東讃(とうさん)(県東部)では、「まんば」と呼ばれているが、西讃(せいさん)(県西部)では、「ひゃっか」と呼び、百貫がなまったものといわれています。
 「けんちゃん」は、細切野菜の油炒めに豆腐を入れて炒めた、しっぽく料理の「けんちん」がなまったものといわれています。
 まんばは、家庭菜園でもよく作られ、寒に入ると柔らかく甘みが増すので、冬場のおそう菜として、食卓に出されています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ まんばは、ゆでて水につけてあくぬきをし、水気を絞っておく。
○ 豆腐は、軽く水気をきっておく。
○ 煮干しと水でだしをとる。

作り方
なべにサラダ油を熱し、まんばを入れて炒める。
油揚げ、豆腐を入れる。
豆腐を木しゃもじでくずしながら炒める。
だし汁、調味料を加えて煮る。
味をととのえ、仕上げにごま油を入れ、香りをつける。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
④サラダ油→①まんば→②油揚げ③豆腐→⑤⑥だし汁⑦⑧→⑨

  ① まんば(1.5cm 幅に切る)・・・・・
② 油揚げ(短冊切り)・・・・・・・・・・・
③ 木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※まんばは、高菜で代用ができる。
50g
5g
25g
1g
1g
15g
2.5g
0.5g
0.5g