おでんぶ [おでんぶ]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
さんまの揚げ照煮

 
おでんぶ

 
さわにわん

 
   
 
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
695kcal
25.0g
21.3g
350mg
2.7mg
432μgRE
0.60mg
0.53mg
20mg
5.5g
2.3g
105mg
3.2mg
 
  日本の各地には、その土地の気候・風土・習慣などから育まれた郷土料理がたくさんあります。
 今日のメニューの「おでんぶ」は、徳島県の郷土料理です。
地域によって「おれんぶ」とも呼ばれ、お正月のおせち料理の一品にもなっています。豆と一緒にいろいろな根菜類を甘辛く煮た料理で、入れる具材も家庭によって異なります。黒豆の代わりに金時豆を入れたり、しいたけ、しょうが、梅干しなどを入れる場合もあります。
 最近では、おせち料理として作る家庭も少なくなってきているので、給食献立に取り入れました。給食では、金時豆とれんこん、にんじん、だいこん、高野豆腐、こんぶを一緒に煮ています。
 昔の人が食べていたおでんぶは、豆と野菜を一緒に食べられることで冬の寒さを乗り切ることはもちろん、まめ(豆)に働くための栄養補給となったようです。

  おでんぶには、決して高価な材料は使われていない。貧富の差がなく、正月を祝おうという生活背景から生まれてきた料理であり、おせち料理の真髄だと言える。
   
 
  《参考資料》
  「徳島の食事」 社団法人農村漁村文化協会
「阿波ふるさとの味」 鈴木竹子著