でこまわし [でこまわし]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
でこまわし

 
白菜のゆかりあえ

 
とんじる

 
みかん
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
636kcal
23g
16.5g
97.8g
427mg
3.6mg
612μgRE
0.75mg
0.54mg
68mg
7.1g
3.5g
136mg
3.7mg
 
  今日の給食は、徳島県西部の祖谷(いや)地方に残る郷土料理の「でこまわし」です。「でこまわし」は人形浄瑠璃の阿波でこの頭(でこ)に似ていることから名付けられたと言われています。材料の、じゃがいもを串に刺してみそをつけ、く
るくると回しながら焼く様子がでこにそっくりなので、「でこまわし」と呼ばれています。
 給食では、衛生面に配慮して串を使わず、アルミカップに入れて作りました。祖谷の岩豆腐・玉こんにゃくも一緒に焼いています。今は、山間部であってもいろいろな食材が手に入るようになりましたが、古くから食べられてきた郷土料理を残していきたいという思いが込められています。

  頭(でこ)になぞらえて古くから、三好・美馬(みま)に伝わるでこまわし。「でこまわさんで」というと、それが食事の時間や空腹を満たす時を現わすものである。先にお腹を満たすものを食べ、主食を減らすという生活の知恵である。すぐれた生活感覚は現代人も受け継ぎたいものである。
   
 
  《参考資料》
  「伝えたい残したいみよしの味」 三好地区生活交流協議会編