がゆ [ちゃがゆ]  
 
 

 
茶がゆ

 
牛乳

 
煮干し天ぷら

 
はなっこりーのごまあえ

 
にごみ(煮しめ)

 
みかん
 
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
607kcal
27.4g
18.4g
600mg
4.7mg
686μgRE
0.38mg
0.55mg
96mg
5.7g
1.9g
122mg
3.3mg
 
  周防(すおう)大島は、田畑が少なくお米があまりとれませんでした。そのような暮らしの中から生まれたのが、貴重なお米を少しでも増やして食べられる茶がゆです。山口県内では「茶がい」ともいい、おもに朝ごはんに食べられますが、夕ごはんに食べる地域もあります。
 作り方は木綿の茶袋にお茶を入れて湯の中でよく煮出し、その中に米をとがずに入れて強火で炊きます。お米の倹約のために、さつまいもやそら豆、小麦粉で作った団子などを入れることもあります。食べ方としては、冷やごはんに熱い茶がゆをかけて食べる方法もあります。茶がゆを炊く道具として、昔から伝わるものに「かんす」と呼ばれる鉄釜があります。
 今日の給食は茶がゆです。昔から集まり(よばれ)には必ず作られていた煮物で四季折々の材料で作るにごみ、それに周防大島のまわりの海でとれた煮干しで作った煮干し天ぷら、山口県オリジナル野菜はなっこりーを使ったごまあえ、周防大島の特産物であるおいしいみかんの献立です。
 周防大島に古くから伝えられてきたふるさとの味や産物を使った料理、旬の食べものや地域でとれる食べ物のおいしさを味わい、次の世代にも伝えてほしいと思います。
   
 
  《参考資料》
  「味のふるさと18 山口の味」 角川出版
「ひまわりがつづる味の玉手箱」 大島町健康生活推進協議会
「やまぐち味ばなし」 貞永美紗子 著  東洋図書出版