すろっぽ [すろっぽ]  
 
 

 
さつまいもごはん

 
牛乳

 
魚のホイル焼き

 
すろっぽ

 
みそ汁

 
   
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
653kcal
27.3g
17.0g
350mg
2.4mg
170μgRE
0.25mg
0.54mg
29mg
4.8g
3.5g
106mg
3.0mg
 
  和歌山市の毛見、布引地域はだいこん、にんじんの産地です。すろっぽは、だいこんとにんじんをせん突きというせん切りにする道具で突き、油揚げと一緒に煮た料理です。だいこんとにんじんを千六本に突いた料理なので「せんろっぽん」
がなまって「すろっぽ」とよばれるようになったのかも知れません。見た目は切り干しだいこんの煮物に似ていますが、食べると細いだいこんがやわらかく、食べやすい料理です。
みなさんも地元の新鮮なだいこん、にんじんを味わって食べてください。

  だいこんとにんじんを千六本に刻んだ料理なので「せんろっぽん」が「すろっぽ」となまったのだろうと言われている。毛見(和歌山県和歌浦沿岸の入り江のひとつ、毛見浦)では、このしろが釣れたとき、新しいこのしろを薄く筒切りにしてすろっぽに入れる。
   
 
  《参考資料》    
  「聞き書 ふるさとの家庭料理⑪ 春のおかず」