和歌山県 WAKAYAMA
   
  和歌山県は県土の70%が森林の「木の国」と呼ばれ、世界遺産に登録された霊峰高野山や、熊野三山をはじめとする、豊かな自然に囲まれています。また全国一の果樹生産に代表される農業県であるとともに、長い海岸沿いに黒潮の流れを受け、水産資源も豊富にあります。このような恵まれた環境の中で、学校給食においても、旬の食材を多彩に活用し、地産地消を活発に進めるとともに、郷土の伝統を絶やさぬよう、積極的に梅干しや高野豆腐(とふの粉)、鯨肉等も献立に取り入れています。

  おかいさんと梅干し    すろっぽ    とふの粉の煮物


 

  おかいさんと梅干し   おかいさんとうめぼし      
   
エネルギー ・・・・・ 130kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.2g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.3g
カルシウム ・・・・・ 7mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0.3g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.4g
マグネシウム ・・・・ 9mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg


由 来
 【おかいさん】     
 和歌山では稲作が中心でしたが、貴重な米を節約して食べていたといわれます。
 昔は、おかいさんが常食で、こびり(朝飯と昼飯の間にとる軽い食事)や、やつ(午後三時ころの軽い食事)にもおかいさんを食べることもあ りました。朝は米だけの茶がえ(茶がゆ)、夜は豆やイモ、とうもろこしなどを加えて米の不足を補い、また豆などの味わいを楽しんだとい います。もちのある間はもち茶がえにしました。
 【梅干し】      
 江戸時代、紀州藩主徳川頼宣(よりのぶ)公のころの田辺藩主安藤帯刀(たてわき)が米のできないやせ地や山の斜面に「やぶ梅」という生命力の強い梅を植えさせて、年貢の軽減と農作物の育成に努めさせ、梅干しも盛んに作られるようにな りました。梅干しをこめかみに貼り頭痛を治したり、握り飯に入れたり、流行病(はやりやまい)に効くとの評判で江戸で人気が出るようになり、梅干しを食べる習慣が広がるにつれて紀州の梅干しは「田辺印(たなべじるし)」として、特に評判を呼び、田辺・南部周辺の梅干しが樽詰され、江戸へ向け田辺港から盛んに出荷されました。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 精白米を洗う。
○ ほうじ茶をわかす

作り方
ほうじ茶は五分の一くらいを別にとっておく。
ほうじ茶が沸とうしているところに、洗った精白米を入れて、さっと混ぜてあとはあまり混ぜない。
中火から強火で、15分くらいふたをしないで炊く。
精白米に芯がなくなったら、火を止めさっとかきまぜて2~3分蒸らす。
2で別にしておいたほうじ茶を加えてさっと混ぜる

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
②ほうじ茶→①精白米②③ほうじ茶浸出液→④梅干し

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② ほうじ茶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 梅干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
35g
1g
250g
10g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  すろっぽ   すろっぽ      
   
エネルギー ・・・・・ 40kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 1.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.1g
カルシウム ・・・・・ 31mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 53μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンC ・・・・・・・ 10mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.3g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.8g
マグネシウム ・・・・ 16mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.3mg


由 来
  和歌山市の南部の毛見(けみ)・布引(ぬのびき)地域はだいこん、にんじんの産地です。たくさんとれる野菜を無駄なくおいしく食べる方法のひとつとして、なますのようにして、たっぷり食べていたそうです。
 すろっぽの名の由来は、一般家庭の中で伝えられてきたものであり、文献による記録は大変少ないのです。
 毎日のおかずには、だいこんだけを使っていましたが、もてなし料理には、にんじんや油揚げも一緒に煮 ていました。毛見浦沿岸でこのしろが釣れたときには、新しいこのしろを薄く筒切りにして、すろっぽに入れることもありました。切り干し大根とはひと味違った、さわやかな味が好まれ、現在でもお年寄りを中心に、よく所望される郷土料理です。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 油揚げは油抜きをしておく。
○ 煮干しと水でだしをとっておく。

作り方
だいこん、にんじんは、粗い目のなます突きで突く。
1と油揚げをだし汁、砂糖、うすくちしょうゆを加えて煮る。
※好みで酢を落としても良い。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑥⑦だし汁→①だいこん②にんじん→③油揚げ→だし汁→④→⑤

  ① だいこん(なま突きで突く)・・・・・・
② にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
④ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
80g
7g
3g
2g
5g
1g
20g
   
     
     


 

  



 

  とふの粉の煮物    とふのこのにもの      
   
エネルギー ・・・・・ 138kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 7.5g
カルシウム ・・・・・ 145mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.5mg
ビタミンA ・・・・・・・ 174μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンC ・・・・・・・ 13mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.0g
マグネシウム ・・・・ 36mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.0mg

 
由 来
 とふの粉は、高野豆腐を小さく切ったときにできる粉です。
  高野豆腐は、昔、高野山のお寺の小僧さんがたいへん寒い日に豆腐を買いに出かけたのですが、豆腐を家の中に入れ忘れ、次の日の朝気づくと、豆腐はカチカチに凍ってしまっていました。小僧さんは、まずは豆腐を溶かそうと、天日に干していたところ、偶然にも、凍り豆腐ができたのです。
 また、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)が、中国から、携帯非常食として伝えた、とか、平安から鎌倉時代にかけて覚海尊師 (かくかいそんし)によって作り方が伝わったという説、豊臣秀吉の時代、応其上人(おうこしょうにん)が高野豆腐の製造を奨励した など諸説があります。
 とふの粉がたくさんできたので、野菜と煮合わせて食べられていたものです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 油揚げは油抜きをする。
○ かつお節でだしをとる。

作り方
鍋に、だいこん、にんじん、はくさい、油揚げを入れ油で炒める。
煮立って、野菜の水分がでてきたら、とふの粉を入れて炒める。
だし汁を加えて、調味料も入れこげつかないように、かきまぜながら15分くらい煮る。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑧⑨だし汁→③だいこん→④にんじん→②はくさい→⑥油揚げ→
①とふの粉→だし汁→⑩⑪⑫⑬

  ① とふの粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② はくさい(せん切り)・・・・・・・・・・・
③ だいこん(5mm幅2cmせん切り)
④ にんじん(5mm幅2cmせん切り)
⑤ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑥ 油揚げ(5mm幅の千切り)・・・・・
⑦ 大豆油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
50g
10g
10g
5g
5g
0.7g
1g
30~40g
5g
3g
2g
2g