兵庫県 HYOGO
   
  兵庫県は、北は日本海、南は瀬戸内海から淡路島を介して太平洋へと続いています。大都市から農山村、離島までさまざまな地域で構成され、多様な気候と風土を通して、海水浴やスキー、温泉などの多彩なレジャーが楽しめることから「日本の縮図」といわれています。
 都市部では、鉄鋼や造船、機械などの産業が盛んな一方、山間地域や日本海側では、豊かな自然にも恵まれ、牛肉や猪肉、瀬戸内のたこや鯛、日本海ではいかやかになど、農林水産業が盛んです。それぞれの土地で獲れた四季折々の山の幸、海の幸を使い、素材を生かした料理があります。
  いなかごのくぎ煮    ぼたん鍋    ばち汁



 

  いなかごのくぎ煮  いなかごのくぎに      
   
エネルギー ・・・・・ 80kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 5.6g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.7g
カルシウム ・・・・・ 152mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 60μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.25mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.0g
マグネシウム ・・・・ 16mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.2mg


由 来
 「いかなごのくぎ煮」は、古い料理法のように思われますが、流行し始めたのはここ20年くらいです。いかなごを魚の餌とするだけではもったいないと考案されたという説もあります。もともと浜の家庭にあった保存食が自分流につくれるということでブームになったのかもしれません。作り方や材料などは、各家庭により 異なり、さんしょうやゆず・梅干しなどを入れるなど家ごとのこだわりがあります。
「いかなごのくぎ煮」は、煮上がった姿がさびたくぎのように見えるので「くぎ煮」といわれるように なったのですが、いかなごの新鮮さが命で、新鮮でなければ「く」の字に曲がらないということで、朝早くから新鮮ないかなごを買い求め、 その日のうちに一気に炊き上げられます。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ いかなごを洗いしっかり水をきる。

作り方
調味料としょうがを合わせたものをしっかり煮立たせ、いかなごを一度に入れ、いかなごの間に調味料が均等に回るように素早くかき混ぜる。
落としぶたをし、強火で一気に煮立たせ、吹きこぼれない程度の火加減で煮る。いかなごに泡がまんべんなくかぶさっている状態にする。箸で絶対にかきまわさない。
泡がしずまり、いかなごの間に小さな泡が出るくらいに煮汁が減った時、中火~弱火にして落としぶたを取る。煮汁の残りの量を確かめながら煮詰め、少しの煮汁が残っている状態で火を止め、平ざるにかえして残り汁を切り、素早く冷ます。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
②こいくちしょうゆ③砂糖→④清酒⑤本みりん⑥しょうが→①いかなご

  ① いかなご・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
③ 砂糖(中ざら糖)・・・・・・・・・・・・・
④ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ しょうが(細せん切り)・・・・・・・・・
30g
6g
6.6g
1.5g
4.5g
0.6g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  ぼたん鍋  ぼたんなべ      
   
エネルギー ・・・・・ 550kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 42.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 30.5g
カルシウム ・・・・・ 600mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 9.0mg
ビタミンA ・・・・・・・ 430μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.45mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.45mg
ビタミンC ・・・・・・・ 40mg
食物繊維 ・・・・・・・ 8.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 5.5g
マグネシウム ・・・・ 150mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 6.0mg


由 来
  明治時代、肉食禁止が解かれると、兵庫県篠山(ささやま)でみそ仕立てのぼたん鍋が生まれ、さらに食用として親しまれるようになりました。
 篠山に陸軍歩兵部隊第70連隊の若者たちが訓練の一貫としてつかまえたイノシシの肉をみそ汁にして食べ、さらにアレンジしたものがぼたん鍋の起源になっ たといわれています。
 「ぼたん鍋」という名前は、しし肉をお皿に並べていくと、ぼたんの花のように見えるところからついたといわれてい ます。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ つきこんにゃくはゆでておく

作り方
煮干しでだし汁をとり、その中にいのししの肉を入れる。
だいこん、にんじんを入れる。
にんじんがやわらかくなったら、焼き豆腐、つきこんにゃく、はくさ
いを入れる。
淡色辛みそ、赤色辛みそで味つけをし、ねぎを加え、最後に粉さんしょうを加える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪⑫だし汁→①いのしし→②だいこん→③にんじん→④焼き豆腐→
⑤つきこんにゃく→⑥はくさい→⑦淡色辛みそ⑧赤色辛みそ→
⑨根深ねぎ→⑩さんしょう(粉)

  ① いのしし(スライス)・・・・・・・・・・・
② だいこん(いちょう切り)・・・・・・・・
③ にんじん(いちょう切り)・・・・・・・・
④ 焼き豆腐(一口大角切り)・・・・・・
⑤ つきこんにゃく・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ はくさい(短冊切り)・・・・・・・・・・・
⑦ 淡色辛みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 赤色辛みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 根深ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ さんしょう(粉)・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100g
100g
50g
125g
35g
100g
22.5g
19g
25g
0.1g
10g
200g
   
     
     
       


 

  



 

  ばち汁  ばちじる      
   
エネルギー ・・・・・ 71kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.4g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.3g
カルシウム ・・・・・ 22mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 84μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.4g
マグネシウム ・・・・ 15mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.3mg

 
由 来
  兵庫県、播州(ばんしゅう)地方では、そうめん作りがさかんに行われ、全国的にも有名です。
 そうめんを作る時は、2本の管に8の字にかけて少しずつ細くのばしていきます。両端はU の字になってかわくので切り落とします。これが「ばち」です。三味線の「ばち」の形に似ていることからこの名前がついたと いわれています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ かつお節と水でだしをとる。
○ 乾しいたけは洗って水でもどす。
○ 油揚げは油抜きしておく。

作り方
だし汁に、にんじん、たまねぎ、 もどししいたけ、油揚げの順に入れて煮る。
ばちを加え、調味し、ねぎを加えて仕上げる。
※ばちはゆでずに使用する。
※ばちには塩分があるので、しょうゆは控えめに入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨⑩だし汁→②にんじん→①たまねぎ→③もどししいたけ→
④油揚げ→⑤ばち→⑥うすくちしょうゆ→⑦こいくちしょうゆ→⑧葉ねぎ

  ① たまねぎ(せん切り)・・・・・・・・・・
② にんじん(せん切り)・・・・・・・・・・
③ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
④ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑤ ばち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑦こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑨ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
10g
0.5g
3g
10g
4g
1g
5g
3g
150g