こあゆのあめだき [こあゆのあめだき]  
 
 

 
麦ごはん

 
牛乳

 
こあゆのあめだき

 
ごぼうサラダ

 
豚汁

 
   
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
660kcal
24.3g
20.5g
440mg
2.4mg
101μgRE
0.34mg
0.44mg
16mg
3.7g
2.8g
108mg
3.5mg
 
  滋賀には、日本一広い琵琶湖があり、そこで獲れる魚や貝を使った料理がたくさんあります。「こあゆ」はあゆの仲間で、その一生を琵琶湖ですごし、成長しても10㎝ぐらいにしかなりません。体は小さくても栄養がたっぷりあり、古くから貴重な栄養源として大切にされてきました。頭から丸ごと全部食べることができます。カルシウムはもちろん、たんぱく質、ミネラルを多く含んでいるので、みなさんの血、肉、骨を作ります。川魚の生臭さを消すため、また日持ちを良くするために水を使わず砂糖、しょうゆ、酒でじっくり甘辛く炊きあげます。後世に伝えていきたい湖国の料理の代表として、平成10年に滋賀の食文化財に指定されました。

 なれずし文化、湖魚煮物文化は琵琶湖の周囲に共通して見られるが、家々や地域ごとにも特徴が見られる。
   
 
  《参考資料》    
  「 琵琶湖ハンドブック」 琵琶湖ハンドブック編集委員会編
「 聞き書滋賀の食事」 (社)農山漁村文化協会出版
「 湖魚と近江のくらし」 滋賀の食事文化研究会編