三重 MIE
   
  三重県は、南北に細長いという地理的特徴や気候・風土によって、北勢・中南勢・伊賀・伊勢志摩・東紀州の5つの食文化圏にわけることができます。北勢から中南勢にかけて広がる伊勢平野からは主食である米をはじめとする里の幸、東に伊勢湾を望みリアス式海岸を経て太平洋に続く広大な熊野灘 (くまのなだ)からは海の幸、さらに南・西・北側に連なる鈴鹿(すずか)山脈や大台山系(おおだいさんけい)から山の幸など多くの食材に恵まれている。
 
  伊勢うどん   たこめし   さぶらぎごはん



 

  伊勢うどん   いせうどん      
   
エネルギー ・・・・・ 210kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 5.2g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.8g
カルシウム ・・・・・ 12mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.6g
マグネシウム ・・・・ 12mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg


由 来
 参宮街道(さんぐうかいどう)の歴史を考える上で、はずすことのできないのは「伊勢うどん」です。
 「伊勢うどん」は江戸時代から存在していて、参宮街道沿いにうどん屋があり、参拝客が食べていました。
 全国各地から歩いてきている参拝客の疲労は相当なものであり、その疲れをいやし、活動源になる食べ物として、うどんは最適でした。
 多くの参拝客でにぎわうため、つゆがたっぷりで具も多い一般的なうどんでは、食べるのに時間がかかってしまいます。そこで、湯がいたうどんに量の少ない濃い しょうゆだれをかけ、その上に薬味ねぎだけをのせた、かんたんにできてあまり熱くない「伊勢うどん」が作られました。
 伊勢の地に来たならば伊勢でしか食べられない独特の「伊勢うどん」。伊勢神宮や参宮街道の にぎわいがあってこそ生まれた食べ物であり、今の時代まで受け継がれてきています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ まこんぶ、かつお節、煮干しと水でだしを作っておく。

作り方
鍋にみりんを入れ、火にかけアルコールをとばす。
たまりしょうゆ・こいくちしょうゆ・砂糖(三温糖)・砂糖(中ざら糖)を加えて一煮立ちさせ、だし汁を入れて2/3ぐらいまで煮つめる。
伊勢うどんをゆで、湯をきる。
伊勢うどんを器に盛り、2のたれをかけて、葉ねぎをちらす。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑧⑨⑩⑪だし汁→⑦→③④⑤⑥→①うどん→②葉ねぎ

  ① 伊勢うどん(ゆで)・・・・・・・・・・・・
② 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
③ たまりしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・
④ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 砂糖(中ざら糖)・・・・・・・・・・・・・
⑦ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ まこんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
200g
5g
10g
2.5g
0.5g
1.5g
5g
50g
1g
1g
1g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  たこめし    たこめし      
   
エネルギー ・・・・・ 318kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 10.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.2g
カルシウム ・・・・・ 29mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.2mg
ビタミンA ・・・・・・・ 121μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0.9g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 33mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.4mg


由 来
  答志島(とうしじま)では、いろいろな種類の漁業(さし網、まき網、釣りなど)や、わかめ・のりの養殖などが盛んで、四季を通じて、新鮮な魚介類がたくさんとれます。
 たこ漁は「たこつぼ」を使って、一年中行われます。たくさんとれるのは夏場ですが、冬のたこも柔らかくておいしい。せまい「たこつぼ」の中に入りこむたこの習性をいかして行われるもので、売り物にならないたこを利用して「たこめし」を炊きました。答志島ではたこ以外の具は油揚げやつきこんにゃくなどを入れるだけです。具と調味料をあわせて米と一緒に炊き込むシンプルな料理ですが、新鮮なたこがとれる答志島だからこそ味わえる郷土料理です。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ かつお節と水でだしをとり、冷ましておく。
○ 精白米は洗って水をきっておく。
○ たこは塩もみして、さっとゆでておく。
○ つきこんにゃくは、ゆでる。

作り方
洗った精白米を釜に入れ、こいくちしょうゆ、うすくちしょうゆ、酒、塩とだし汁を規定量まで加えてかるく混ぜる。
1に、たこ、にんじん、油揚げ、つきこんにゃくを入れて炊く。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
① 精白米→⑥こいくちしょうゆ⑦うすくちしょうゆ⑧酒⑨塩→だし汁→②まだこ→③にんじん→④油揚げ→⑤つきこんにゃく

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② まだこ(生)(2cm 小口切り)・・・・
③ にんじん(せん切り)・・・・・・・・・・
④ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑤ つきこんにゃく・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑦ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
75g
25g
10g
4g
10g
3.8g
2g
2.5g
0.13g
1.3g
81.7g
   
     
     


  



 

  さぶらぎごはん   さぶらぎごはん    
   
エネルギー ・・・・・ 327kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 8.4g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.6g
カルシウム ・・・・・ 28mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.5smg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.10mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.9g
マグネシウム ・・・・ 40mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.4mg

 
由 来
  「さぶらぎ」とは「田開き(たびらき)」という意味です。田植えは苗代(なわしろ)から苗取りをして行いますが、苗取りの日、苗が丈夫によく育つようにと、大豆のはいった「さぶらぎごはん」を供えて、田の神様にお願いをしました。
 「さぶらぎごはん」でおにぎりを作り、ふきの葉に包んだものを一升マスに入れて苗場に持って行き、桑の木で組んだ三脚の真ん中につるしました。それを、田の水が入る水口(みなぐち)にお供えして、その下に苗を3本さしてお祈りしました。
 たくさん炊いた「さぶらぎごはん」は、田植えをする人たちの10時の休けいの時のおやつとしてふるまわれました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 精白米はといで水を切っておく。
○ 大豆をいる。

作り方
精白米に食塩と煎り大豆を入れて炊き込む。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
③大豆→①精白米②水④塩

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ だいず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
80g
96g
10g
0.9g