きしめん [きしめん]  
 
 

 
きしめん

 
牛乳

 
天ぷら
(ちくわ・さつまいも)

 
おひたし

 
   
 
   
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
652kcal
25.9g
22.6g
343mg
2.2mg
386μgRE
0.28mg
0.49mg
30mg
5.0g
3.3g
88mg
2.0mg
 
 きしめんは名古屋名産の平打ちめんのことで、うどんよりめんが薄くて幅が広いので、独特の食感があります。
 このきしめんという名前は、紀州の人が考案したので「紀州めん」、キジの肉を使用したことから「きじめん」という色々な説があり、言葉が変化して今の「きしめん」になったといわれています。
 本日の給食のきしめんは、鶏肉・油揚げ・かまぼこ・にんじん・ねぎなどの具がたっぷりと入っています。
 郷土の味をよく味わって食べてください。

 きしめんは尾張名古屋の名物として全国に知られている。
日本農林規格(JAS)の乾麺の表示では「幅4.5mm 厚さ2mm未満の帯状に成型したもの」が、きしめんと記載されている。
うどんに比べ薄いため、茹で時間は短い。また、うどんと同じように小麦粉に、塩、水を入れて練って作るが、平たく延ばすのには職人の技術と期間を要する。
 食べるときの汁には、名古屋特産の濃厚な「たまりじょうゆ」を使う場合もある。関東では、きしめんではなく「ひもかわうどん」とも呼ばれている。
   
 
  《参考資料》    
  名古屋きしめん亭HP
日本料理大事典