愛知 AICHI
   
 日本列島のほぼ中央に位置し、温暖な気候、肥沃な土地、豊かな水と緑に恵まれています。
古代より交通の要所として栄えた地域であり、尾張、三河と呼ばれていました。戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三傑が活躍し、県下にその名残が多く見られます。郷土料理には、食に対する先人の愛情と知恵がつまっています。
 「ものづくり愛知」と呼ばれるほど自動車産業を中心とした製造業が盛んですが、農業・商業ともバランスよく共生しているのが特徴です。
 
  きしめん    ひきずり    煮みそ



 

  きしめん    きしめん      
   
エネルギー ・・・・・ 251kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 10.4g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.4g
カルシウム ・・・・・ 34mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.7mg
ビタミンA ・・・・・・・ 228μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.07mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 2.1g
マグネシウム ・・・・ 28mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.7mg


由 来
 きしめんの名前の由来は、昔はキジの肉を使用した「きじめん」という麺類があり、それがなまって「きしめん」となったという説、また紀州藩の殿様が、尾張藩の殿様におみやげで持ってきた麺類を「紀州めん」と読んでいたのが変化して「きしめん」となった説などがあります。
 徳川御三家の筆頭、尾張藩ではキジやカモなどの鳥の肉は最も珍重され、キジを使ったきじめんは、徳川家だけが食べられる食物でした。 また尾張藩には、「平打ちめん」の名人といわれた料理番がおり、自慢の名物になっていました。この料理番の退職にあたって、一般庶民も高価な鳥肉を油揚げに代えて、食べられることが許され、ひろまりました。これが今の「きしめん」の始めともいわれています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ しいたけは洗って水でもどす。
○ かつおけずり節と水でだし汁をとっておく。
○ きしめんをあたためておく。

作り方
鍋にだし汁を入れ、沸騰したら鶏肉を入れてあくをとる。
1ににんじん・しいたけ・油揚げ・かまぼこの順に入れる。
煮えたら、しょうゆ・食塩・本みりんを入れ、味を整え、ねぎを入れる。
3を盛りつけ、1食用のきしめんを入れて食べる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪かつおけずり節⑫水→①鶏肉→②にんじん→③しいたけ→④油揚げ→⑤かまぼこ→⑦しょうゆ⑧食塩⑨本みりん⑥ねぎ→⑩きしめん

  ① 鶏もも肉(小間切れ)・・・・・・・・・・
② にんじん(せん切り)・・・・・・・・・・
③ 乾しいたけ(もどす)・・・・・・・・・・・
④ 油揚げ(0.5㎝短冊切り)・・・・・・
⑤ かまぼこ(0.5㎝いちょう切り)・・
⑥ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑦ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ きしめんゆで(1食袋入り)・・・・・
⑪ かつおけずり節・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
15g
1.2g
3g
12g
6g
12g
6g
0.4g
140g
2.5g
180g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  ひきずり    ひきずり      
   
エネルギー ・・・・・ 128kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 11.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.9g
カルシウム ・・・・・ 95mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 11μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンC ・・・・・・・ 10mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.3g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 26.1mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.1mg


由 来
  名古屋で「ひきずり」と言えば、すき焼きのことです。すき焼き鍋の上で、肉をひきずるように食べたことから「ひきずり」と呼ばれるようになりました。大晦日には必ずひきずりを食べて、年内のうちに、その年のしがらみをひきずり終え、新年を迎えるという習慣がありました。「すき焼き」と言うと牛肉を使い、「ひきずり」と言うと鶏肉を使うというイメージが強く持たれています。特産品の名古屋コーチンを使うこともあります。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ こんにゃく、生ふは下ゆでをしておく。

作り方
鍋に、鶏肉を入れ火にかけ、砂糖と、酒を入れて炒める。
1に火が通ったら、糸こんにゃく、焼き豆腐、生ふ、かまぼこを入
れ、その上に、はくさい、越津ねぎを入れて上からしょうゆ、本みりんをかけて調味し、ふたをする。
途中、焦げないように気をつける。
煮えたら味をととのえて、火を止める。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①鶏肉→⑧砂糖⑨酒⑤糸こんにゃく→②焼き豆腐→③生ふ→④かまぼこ→⑥はくさい→⑦越津ねぎ→⑩しょうゆ⑪本みりん

  ① 鶏もも肉(一口大)・・・・・・・・・・・・
② 焼き豆腐(さいの目)・・・・・・・・・・
③ 生ふ(角ふ)(スライス)・・・・・・・・
④ かまぼこ(3mm いちょう切り)・・・
⑤ 糸こんにゃく(ザク切り)・・・・・・・・
⑥ はくさい(1cm せん切り)・・・・・・・
⑦ 越津(こしづ)ねぎ(3mm 斜め切り)
⑧ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※越津ねぎは根深ねぎで代用できる
30g
20g
10g
15g
10g
40g
20g
4g
1g
6g
1g
   
     
     


  



 

  煮みそ    にみそ    
   
エネルギー ・・・・・ 132kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.2g
カルシウム ・・・・・ 42mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.0smg
ビタミンA ・・・・・・・ 296μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.16mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンC ・・・・・・・ 7mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 39mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.0mg

 
由 来
  当地名産の大豆に豆麹を用いて作る豆みそ(赤みそ)は、他のみそより熟成期間が長いので、赤みが強く黒みを帯びています。このみそは、こくがあるので料理の味付けにも適しています。季節の野菜や地元でとれる食材と豆みそ(赤みそ)、だしを一緒に入れて煮込んだ料理を「煮みそ」または「みそ煮」と呼び、寒い冬の夜のおかずとして、県内各地で食べられています。
  大きな鍋に、家にある食材をだし汁、みそを入れて煮込むだけの簡単な料理ですが、その家々独自の煮みそが作られています。例えばにんじん、里いも、大根などを入れる家庭もあれば、ねぎとこんにゃくだけの家庭もあります。また、だしは、フナかハゼを焼いて串にさして乾燥させたものを使う地域や、けずり粉(むろあじ、かつおのけずり節)を使う地域もあります。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ いかは、さっとゆでておく。
○ さやいんげんは、ゆでておく。
○ 八丁みそは、水で溶いておく。

作り方
鍋で炒め油を使わず豚肉の脂で豚肉を炒め、にんじん、だいこん、水を入れ、煮る。
野菜が少しやわらかくなったら、さといも、八丁みそ、砂糖を入れて煮こむ。
いか、いんげんを入れて一煮立ちさせる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①豚肉→②にんじん→③だいこん→⑨水→④さといも→⑦八丁みそ→⑧砂糖→⑤いか→⑥いんげん

  ① 豚肩肉(薄切り)・・・・・・・・・・・・・
② にんじん(0.5cm いちょう切り)・
③ だいこん(1cm いちょう切り)・・・
④ さといも(1cm いちょう切り)・・・・
⑤ いか(短冊切り)・・・・・・・・・・・・・
⑥ さやいんげん(小口切り)・・・・・・・
⑦ 八丁みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 水(みそとき水+水)・・・・・・・・・・
15g
19g
25g
50g
25g
8g
9g
3g
119g