静岡県 SHIZUOKA
   
 静岡県は日本のほぼ中央に位置し、相模湾、駿河湾、遠州灘に沿った長い海岸線と富士山など高い山々からなる北部山岳地帯が、東西に長い地形を囲んでいます。山地から流れ出た川は富士川、大井川、天竜川となり県土を縦断し、肥沃な土地を形成しています。このような豊かな自然と先人達の努力で、お茶の生産量やみかんの産出額は日本一です。また、水産物や農産物にも恵まれています。昔の静岡県は駿河と遠江 (とおとうみ)の間を流れる大井川を境に2分され、それが日本の東西の食文化の違いにほぼ重なっていたことから、静岡の食には日本の食のすべてがあると言われています。
 

  桜えびとしらすのかき揚げ   うなぎちらし    かつおの煮付


 

  桜えびとしらすのかき揚げ
 さくらえびとしらすのかきあげ
 
   
   
エネルギー ・・・・・ 154kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 5.8g
カルシウム ・・・・・ 101mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 20μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 2mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.8g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.6g
マグネシウム ・・・・ 29mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.6mg


由 来
 桜えびは、別名「海の宝石」ともよばれ、大きさが4~5cm の透明で美しい桜色をしたえびであり、駿河湾に注ぐ富士川、安倍川、大井川の水が運んでくる多くの栄養素が育てています。生息地は世界でも数か所のみという、とてもめずらしいえびです。
  桜えび漁の歴史は、明治27年に由比(ゆい)(現:静岡市)の漁師が、鯵のあみ引き漁をしていたときにあみが深くもぐってしまい、その時に偶然に大量の桜えびがとれたことが始まりとされています。
 桜えびと同様にしらすも、駿河湾でとれる海の恵みです。水揚げされるしらすは品質の高さで全国に名を知られています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    作り方
桜えびとしらす、たまねぎ、ごぼうをまぜ合わせて、小麦粉をふっておく。
小麦粉に水をくわえて、衣を作る。
1と2をさっくりまぜ合わせる。
形を整えて、180℃のサラダ油であげる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①桜えび②しらす③たまねぎ④ごぼう→⑤小麦粉→⑥水⑦小麦粉→⑧サラダ油

  ① 桜えび(ゆで)・・・・・・・・・・・・・・・
② しらす(ゆで)・・・・・・・・・・・・・・・・
③ たまねぎ(うす切り)・・・・・・・・・・・
④ ごぼう(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑤ 小麦粉(薄力粉)・・・・・・・・・・・・・
⑥ 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 小麦粉(薄力粉)・・・・・・・・・・・・・
⑨ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7g
7g
15g
20g
1g
2g
20g
17g
てき量
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  うなぎちらし   うなぎちらし      
   
エネルギー ・・・・・ 477kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 15.2g
脂質 ・・・・・・・・・・ 9.5g
カルシウム ・・・・・ 71mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 524μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.34mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.31mg
ビタミンC ・・・・・・・ 12mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 2.2g
マグネシウム ・・・・ 42mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 2.2mg


由 来
  浜名湖(はまなこ)は、全国的に有名なうなぎの産地です。浜名湖でうなぎを養殖するようになったのは明治時代からで、「気候があたたかい」「養殖池をつくるのによい土地がたくさんあった」「うなぎの稚魚がたくさんとれた」「流通に便利であった」などの条件が整っていたからといわれています。
 うなぎの蒲焼は、開いたうなぎに竹串を打ち、白焼きにしたあとタレをつけて焼きます。蒲焼、どんぶりもの、ちらし寿司、茶碗蒸し、お茶漬け、厚焼き卵、酢の物などいろいろな料理があります。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 米はといでおく。
○ かつお節と水でだし汁を作っておく。
○ きざみこんぶは洗ってもどす。

作り方
ご飯を炊く。
酢・砂糖・塩を弱火であたため、寿司酢をつくる。
卵でうす焼き卵を作る。細く切って錦糸卵にする。
さやえんどうは、さっとゆでて切る。
鍋に出し汁、砂糖、しょうゆ、本みりんを煮たて、にんじん、きざみこんぶを煮る。
れんこんは固めにゆで(歯ごたえが残るくらい)、寿司酢を少量とって、その中につけておく。
ごはんに2の寿司酢を混ぜ、6の材料を加えてさらに混ぜる。
どんぶりに7を盛り、上にれんこん、うなぎのかば焼、錦糸卵を彩り
よくならべ、さやえんどうをちらす。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①米②水→③酢→⑤油・卵・食塩→⑦さやえんどう→⑧だし汁→⑨砂糖・しょうゆ・みりん→⑩にんじん→⑪きざみこんぶ→⑥れんこん→④うなぎのかば焼

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 寿司酢
  酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・
  食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ うなぎのかば焼(1cm 短冊切り)

  サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ れんこん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(厚さ1mm 小さいいちょう切り)
⑦ さやえんどう(1cm ななめ切り)・
⑧ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・
  うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
  本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ にんじん(細いせん切り)・・・・・・
⑪ きざみこんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・
80g
88g

10g
9g
1g
30g

1g
15g
0.1g
20g

5g

1g
20g

1.5g
3g
1g
7g
1g
   
     
     


  



 

  かつおの煮付け  かつおのにつけ      
   
エネルギー ・・・・・ 103kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 13.7g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.1g
カルシウム ・・・・・ 5mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.2mg
ビタミンA ・・・・・・・ 10μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.8g
マグネシウム ・・・・ 23mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg

 
由 来
  静岡県の焼津港は、かつおの水揚げ量日本一を誇る漁港です。かつおの旬は春と秋の2回で、山口素堂(やまぐちそどう)の有名な俳句、「目に青葉山ほととぎす初鰹」とあるように、初夏の「初鰹(はつがつお)」が好まれてきました。現在は、脂がのった秋の「もどり鰹」も好まれています。
 水揚げ量の多いこの地区ではいろいろな料理方法が考案されました。かつおの煮付けは、そのうちのひとつです。長く保存のできるかつおの角煮もよく知られていますが味が濃いめです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ かつおは、なべにたっぷりの湯としょうがの皮を入れて、ゆでる。
○ かつお節と水でだし汁をとっておく。

作り方
なべに、だし汁、砂糖、しょうゆ、酒、しょうがを入れて、煮立ったらかつおを加える。
煮汁が少し残る位までゆっくり煮たら、本みりんを入れて少し煮てから火を止める。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
②かつお節③水→⑤砂糖、⑥しょうゆ、④酒、⑧しょうが→①かつお→⑦本みりん

  ① かつお・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ しょうが(細いせん切り)・・・・・・・
50g
1g
30g
2g
1.5g
5g
2g
2g