すんき汁 [すんきじる]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
ごまつくね焼き

 
すんき汁

 
りんご

 
   
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
638kcal
28.7g
20.7g
489mg
3.8mg
217μgRE
0.48mg
0.52mg
21mg
6.0g
2.4g
116mg
3.6mg
 
 すんきは皆さんがよく知っているように、木曽に伝わる郷土料理です。
 塩を使わずに、かぶ菜を漬けたもので、酸味が特徴です。
それぞれの家庭の味があり、酸味やかぶの甘みが違います。
 今日は、1年生が、自分たちで作ったかぶ菜を使い、地域の方々に教えていただきながら作った「すんき」をすんき汁にしました。すんきコンクールに出品して、「達人」に選ばれた、おいしいすんきです。

 その歴史は古く元禄年間(1688年頃)芭蕉一門の連句の会に次の句が読まれている。
  「花と散る身は西念が衣着て」  芭蕉
  「木曽の酢茎に春も暮れつつ」  凡兆(ばんちょう)
                       (芭蕉句集より)
   
 
  《参考資料》    
  「信州の郷土食」 長野県商工会婦人部編
「日本古典全集芭蕉全集後編」 現代思潮新社