いかの酢の物 [しおいかのすのもの]  
 
 

 
おはぎ

 
牛乳

 
塩いかの酢の物

 
つみれ汁

 
りんご

 
   
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
665kcal
24.0g
14.9g
314mg
2.4mg
165μgRE
0.56mg
0.44mg
13mg
4.5g
2.4g
108mg
2.8mg

※塩いかは食品成分表には掲載
されていないため、栄養価は参考値です

 
 海がない長野県は、昔は海産物がとても貴重な食べ物でした。そこで遠い海から魚類を運ぶため、塩を強くして運んだのが塩いか(塩丸いか)の由来です。塩いかは、塩出しをして野菜類といっしょに酢の物や浅漬けにして、諏訪地方でよく食べられている料理です。暑い時にもあっさりと食べられるので夏バテの予防にもなります。やわらかいいかは、お刺身とは違ったおいしさやうまみがあります。いろいろな料理に活用してみるのもいいでしょう。

 古来より貴重な塩を牛方、馬方、歩荷(ポッカ)等で運んだ道を『塩街道』と呼ぶ。日本海、太平洋側から来ても5~6日かかり、その終着点が塩尻峠(塩嶺)だった。
 このような山国ならではの知恵で、塩漬けにより海産物の長期保存を可能にし、適度に塩抜きすることで独特な旨みを引き出した。峠の塩丸いかは、信州名産の逸品となっている。
   
 
  《参考資料》    
  塩丸いか包装袋(丸三小池食品株式会社:長野県岡谷市)
「学校給食おすすめ郷土料理献立集」 諏訪地区学校給食協議会栄養衛生委員会
「残したい伝えたい」(諏訪の味と食文化編纂委員会)