長野 NAGANO
   
 信州信濃の国と昔の名前で呼ばれる長野県は、本州の中央部に位置し、海から遠い「山と川の国」です。今でも県民に親しまれている県歌「信濃の国」には、地理・名所・偉人などが紹介されています。1998年には自然と共存する冬季オリンピックが開催され、世界的に「NAGANO」の名が知られるようになりました。周りを「日本アルプス」と呼ばれる3000m 級の美しい山々に囲まれ、上高地・軽井沢などの四季折々の自然の豊かさ、毎年700万人が参拝する善光寺や御柱祭で有名な諏訪大社もあり、観光県信州とも呼ばれています。
 
  おやき   塩いかの酢の物     すんき汁



 

  おやき   おやき        
   
エネルギー ・・・・・ 114kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 3.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.5g
カルシウム ・・・・・ 45mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.7mg
ビタミンA ・・・・・・・ 80μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンC ・・・・・・・ 10mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.9g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.0g
マグネシウム ・・・・ 16mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.3mg


由 来
   おやきは、古くは縄文時代にその原型ができたと言われています。長野県の山間部では、水田が少なく、米の代用としてそば粉や小麦粉の食文化が残っていますが、おやきもそのうちのひとつです。いろりの灰の中に入れたり、焼いたり、蒸したりといろいろな食べ方をされていました。長野県の北信地方では、ご先祖様へのお供えとして作られていたため、現在もお盆に作る風習が残っています。
  作り置きができ、食事にもおやつにもなり、具にする中身は季節の野菜を何でも利用できるため、現在でもそれぞれの地域で、特徴あるおやきが残っています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 野沢菜漬けは、1時間くらい水に漬けて、塩抜きをする。

作り方
皮にする生地を作る。
地粉をボールに入れ、少しずつ水を加えて耳たぶくらいの固さにする。そのまま1時間おいておく
なべにひまわり油を熱し、野沢菜漬けをいため、かつお節を入れる。
1の皮の生地を丸めて、うすくのばす。
2をのせて野沢菜が出ないようにしっかり包み、むし器にならべて15分くらいむす。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
皮①地粉→②水
具⑤ひまわり油→④野沢菜着け→③かつお節

  ① 地粉(中力粉)・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 野沢菜漬け(あらみじん切り)・・・
⑤ ひまわり油・・・・・・・・・・・・・・・・・
25g
18g
1g
40g
1g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  塩いかの酢の物    しおいかのすのもの      
   
エネルギー ・・・・・ 27kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.3g
カルシウム ・・・・・ 21mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.1mg
ビタミンA ・・・・・・・ 6μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.01mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.01mg
ビタミンC ・・・・・・・ 15mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0.8g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.5g
マグネシウム ・・・・ 16mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg
※塩いかは食品成分表には掲載されていない。栄養価は参考値。


由 来
 諏訪(すわ)地方は太平洋からも日本海からもほぼ200km もはなれた山国です。海の幸などは、昔は貴重な食材でごちそうだったので、諏訪に入る海産物は主に加工食品でした。塩いか(塩丸いか)はその代表的な加工食品で、流通がよくなった現在でも諏訪地方や伊那(いな)、中信地方の伝統食として受け継がれています。かつては、北陸の福井・富山近辺で生産され、糸魚川街道(いといがわかいどう)や野麦峠(のむぎとうげ)をこえて運ばれてきました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 塩いかは2時間ほど水にひたして塩抜きをする。(急ぐ場合はさっとゆでる。)
○ 乾燥わかめは水でもどしておく。

作り方
キャベツをゆでる。
酢、砂糖、食塩をあわせる。
塩いか、キャベツ、きゅうり、わかめと2をあえる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
具①塩いか→②キャベツ→③きゅうり→④もどしたわかめ
あわせ酢⑤米酢→⑥砂糖(上白糖)→⑦食塩

  ① 塩いか(5mm 半月切り)・・・・・・・
② キャベツ(1cm 幅の短冊)・・・・・
③ きゅうり(ななめ半月切り)・・・・・・
④ 乾燥わかめ・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 米酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12g
35g
8g
0.4g
2.5g
1.5g
0.4g
   
     
     
       


 

  



 

  すんき汁     すんきじる      
   
エネルギー ・・・・・ 26kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.0g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.5g
カルシウム ・・・・・ 85mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.0mg
ビタミンA ・・・・・・・ 86μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.01mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンC ・・・・・・・ 9mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.9g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.1g
マグネシウム ・・・・ 13mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg

 
由 来
  すんきは長野県木曽地方に伝わる、塩を使わない漬け物で、赤かぶの葉を乳酸菌で発酵させたものです。昔、山に囲まれ、交通の便が悪い中、塩は大変貴重な品物でした。そのため、山ブドウや山ナシなどの果物を発酵させ利用した、塩を使わない独特のめずらしい漬け物です。現在は、果物から作る場合は少なく、前年のすんきを干したり、冷凍し、種として使う場合が多いようです。かぶ菜を長いまま漬ける場合と、刻んで漬ける場合があります。それは、地域や家庭により異なります。
 すんきを漢字で書くと「酢茎」と書きます。これがなまって「すんき」となりました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 煮干しと水でだしをとる。
○ すんきが長漬けの場合は、2㎝くらいに切る。

作り方
だし汁にすんきと辛みそをいれ、一煮立ちさせる。
(煮こまないで、さっと仕上げる)

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
③煮干し④水→①すんき→②辛みそ

  ① すんき(2cm)・・・・・・・・・・・・・・・
② 淡色辛みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40g
9g
2g
150g