山梨 YAMANASHI
   
 甲斐路は、人々の行き交う文化の路である。県の総面積の7割以上が山また山であるから耕地は狭く、米を主食として生きることは難しかった。しかし米のない苦しみのかげりはなく、山や川の大自然の恵みに、すすんで近づき陸稲(おかぼ)をつくり、豆、そば、とうもろこしやあわ、ひえを作った。今、伝えられている郷土料理はどれもこれも祖先たちのささやきを聞くような思いがする。「ほうとう」にしても戦後の観光ブームで息を吹き返したものではなく、米の代わりに食べた平常食であり、甲斐路の味にはあたたかさが残っている。
 
  ほうとう  大塚人参めし  せいだのたまじ



 

  ほうとう    ほうとう        
   
エネルギー ・・・・・ 189kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.7g
カルシウム ・・・・・ 92mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.2mg
ビタミンA ・・・・・・・ 225μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンC ・・・・・・・ 11mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.5g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.7g
マグネシウム ・・・・ 37mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.6mg


由 来
   ほうとうの原型は、平安時代に中国から伝わってきた、小麦粉でつくる「はくたく」というお菓子だと言われてい ます。そのはくたくが名前や形をかえて各地に伝わったといわれています。
  山梨県の山間部では、米作りが難しかったため、養蚕(ようさん)で生計をたてている家庭が多く、蚕(かいこ)のえさとなる桑を作り、裏作で麦を栽培し、その麦を使って各家庭でめんをうち、食していたそうで す。野菜や汁を増やすことによって小麦粉の使用量を減らすことができたため、経済的であり、調理方法も簡単で大家族の食を賄(まかな)うことが出来ることからも広く普及したといわれてい ます。
  一説には武田信玄(たけだしんげん)が自らの刀(宝刀)で具材を刻んだことから「ほうとう」と名付けられたとも言われており、武田信玄とともに馴れ親しまれた郷土料理で す。「おほうとう」「にこみ(にごみ)」「のしこみ(のしいれ)」などと地域によって呼び方に違いがあ ります。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 煮干しと水でだしをとる。
○ 油揚げは油ぬきをする。

作り方
だし汁にそれぞれの大きさに切った野菜を入れて煮る。
みそを入れ味をととのえる。
ほうとうめんを入れる
(ほうとうは汁に入れるときに粉を落としていれる)。
最後にねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪煮干し⑫水→②にんじん→①だいこん→③じゃがいも→④はくさい→⑥しめじ→⑦油揚げ→⑤かぼちゃ→⑩みそ→⑧ほうとうめん→
⑨ねぎ

  ① だいこん(3㎜いちょう)・・・・・・・・
② にんじん(2㎜いちょう)・・・・・・・・
③ じゃがいも(中くらい角切り)・・・・
④ はくさい(1㎝短冊)・・・・・・・・・・・
⑤ かぼちゃ(大きめ角切り)・・・・・・・
⑥ しめじ(小房にわける)・・・・・・・・・
⑦ 油揚げ(短冊)・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ ほうとうめん・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 根深ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・
⑩ 白みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20g
8g
20g
20g
25g
5g
2.5g
40g
8g
8g
2g
150g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  大塚人参めし    おおつかにんじんめし      
   
エネルギー ・・・・・ 272kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.0g
脂質 ・・・・・・・・・・ 5.9g
カルシウム ・・・・・ 36mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 540μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 3.16mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.7g
マグネシウム ・・・・ 39mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.3mg


由 来
  市川三郷町(いちかわみさとちょう)の大塚地区の土は肥沃 (ひよく)で非常にきめ細かく、俗に「のっぷい」とよばれています。石がほとんどない火山灰土です。このためにんじんやごぼう等の根菜類の栽培に大変適しています。この地で栽培された大長人参(おおながにんじん)が『大塚人参』と呼ばれています。
  明治時代より大塚村の産物となっており、最盛期には大八車(だいはちぐるま)やリヤカーに載せ近隣町村はもとより県内に幅広く行商に歩くほどだったと言われています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ かつお節と水でだしを作っておく。
○ 精白米はといでからだし汁に30分浸す。
○ しいたけは水でもどす。
○ ごぼうはあく抜きをする。
○ 油揚げは油抜きをする。

作り方
しょうゆ、酒、食塩、だし汁に浸してある米の中にすべての材料を入れてかき混ぜ、炊き上げる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨かつお節⑩水①精白米→⑥しょうゆ⑦清酒⑧食塩→②大塚にんじん④しいたけ⑤油揚げ③ごぼう

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 大塚にんじん(せん切り)・・・・・・
③ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・・
④ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
⑤ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑥ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
65g
30g
15g
3g
3g
1g
1g
0.5g
2g
72g
   
     
     
       


 

  



 

  せいだのたまじ   せいだのたまじ      
   
エネルギー ・・・・・ 99kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 1.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.7g
カルシウム ・・・・・ 14mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンC ・・・・・・・ 11mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.9g
マグネシウム ・・・・ 18mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg

 
由 来
  江戸時代、時の甲府代官中井清太夫(なかいせいだゆう)は、幕府の許可を得て、じゃがいもの種芋を九州からとりよせ、 谷間や山裾の各村に栽培を推奨しました。そして天明・天保の飢餓から甲州を救いました。のちにこの芋は「清太夫芋」と名付けられました。
  今でも龍泉寺にはほこらがあり、中井清太夫を「芋大明神」として祭り、清太夫の名をとってじゃがいもを「せいだ芋」とよんでいます。さらに小粒を「たまじ」とよび、これを油で炒め煮したものを「せいだのたまじ」といっています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ じゃがいも(小粒)は皮をむかずに、よく洗って水を切り、固めにゆでて(ふかして)おく。
○ ごまはいっておく。

作り方
鍋にサラダ油を熱してじゃがいもを入れ炒める。
1に砂糖、みそ、本みりん、水を入れ、水分がなくなるまで煮る。
最後にいったごまをまぶす。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
②サラダ油→①じゃがいも→③砂糖④麦みそ⑤本みりん⑦水→⑥白ごま

  ① じゃがいも(小粒)・・・・・・・・・・・・
② サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
④ 麦みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 白ごま(いり)・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
60g
1g
8g
6g
1g
0.5g
15g