から大根 [からだいこん]  
 
 

 
鶏ごぼう飯

 
牛乳

 
焼きあじ

 
かぼちゃと大豆の
サラダ

 

から大根


 
麩とわかめのすまし汁
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
648kcal
29.1g
20.8g
390mg
2.6mg
318μgRE
0.38mg
0.39mg
12mg
6.2g
2.5g
123mg
3.6mg
 
 今日は、永平寺町志比谷(しひだに)に伝わる郷土料理「から大根」を作りました。大根がおいしい時期に、人が集まるときには必ず作られている料理です。
 唐辛子を入れて辛くすることからこの名前がついたそうですが、今日は食べやすいように唐辛子を控えました。この料理のポイントは、黒ごまを油が出るまで40分以上もかけてすりこぎですることです。大本山永平寺に大きな「すりこぎ」
があります。訪れる人たちが、調理が上手になるようにと、なでていきます。
 自分たちの住む町に伝わる料理を、これからも大事に受け継いでいきたいです。

 京善地区へお嫁に来た人は、まずこの料理をお姑さんから教えてもらうそうである。
 また、同じ永平寺町でも大根の切り方が違う。京善地区は短冊切り、荒谷(あらたに)地区と市野々地区は輪切りと昔から決まっており、今もそのまま受け継がれている。
   
 
  《参考資料》    
  「再発見!福井の食」 福井県農林水産部農業技術経営課
「 むかしの志比谷・下志比・浄法寺をたづねて…」 編集員生活改善推進員
「 永平寺の心と精進料理」 監修 曹洞宗大本山永平寺