福井 FUKUI
   
 福井県は、「食育」という言葉を日本で初めて使った石塚左玄(いしづかさげん)の出身地です。その土地に行ったらその土地の食生活に学ぶべきであるという「身土不二 (しんどふじ)」の原理は、まさしく今の地産地消にほかなりません。また古くは「御食国(みけつくに)」として、天皇に食材を提供したことでも有名です。
 コシヒカリ、越のルビー、越前ガニ、若狭ガレイ、上圧のサトイモに代表される海、山の幸に恵まれ、地域によって特色ある料理が作られています。
 
  打ち豆汁    から大根     こっぱなます



 

  打ち豆汁   うちまめじる        
   
エネルギー ・・・・・ 91kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 5.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.4g
カルシウム ・・・・・ 58mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.5mg
ビタミンA ・・・・・・・ 169μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンC ・・・・・・・ 8mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.2g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 40mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.6mg


由 来
  福井県は、曹洞宗の大本山である永平寺(えいへいじ)があり、浄土真宗の門徒が多く存在するなど、宗教が暮らしの中に浸透し、宗教の関わりが強く見られるところで す。とくに、大きな仏事である報恩講(ほうおんこう)の時期は、大豆の収穫期と重なるため、たくさんの人数分の打ち豆を用意しやすかったという背景もあり、打ち豆は代表的な精進料理の食材として利用されてき ました。
 打ち豆を使用した料理としては、味噌汁(打ち豆汁)が一番多くなっています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ こんぶと水でだし汁をとっておく。
○ 打ち豆は一晩水に浸けておく。
○ 油揚げは油抜きをする。

作り方
鍋にだし汁、にんじん、だいこん、さといも、打ち豆、ごぼう、油揚げを入れて、やわらかくなるまで煮る。
煮えたら、みそを入れる。
最後に根深ねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨⑩だし汁⑤にんじん③だいこん④さといも①打ち豆⑥ごぼう
②油揚げ→⑧米みそ→⑦根深ねぎ

  ① 打ち豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 油揚げ(小さめ短冊切り)・・・・・・
③ だいこん(0.5cm いちょう切り)
④ さといも(1cm いちょう切り)・・・
⑤ にんじん(0.5cm いちょう切り)
⑥ ごぼう(小さめささがき)・・・・・・・・
⑦ 根深ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・
⑧ 米みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ こんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6g
5g
30g
25g
10g
3g
5g
10g
2g
200g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  から大根    からだいこん        
   
エネルギー ・・・・・ 71kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 1.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.7g
カルシウム ・・・・・ 94mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.01mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.5g
マグネシウム ・・・・ 32mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg


由 来
  昔から、永平寺町京善(えいへいじちょうきょうぜん)地区に伝わる料理。秋から春にかけての大根を使用し、冠婚葬祭(かんこんそうさい)や仏事には必ず作られていました。
 から大根の「から」は、唐辛子の「から」であり、ピリッとからいのが特徴です。また、昔は今ほど贅沢に調味料がなかったため、ごま、しょうゆ、唐辛子で味付けされました。今よりからいもので、大人の食べ物でした。しかし今では、贅沢に調味料を使い、味もよくなり、からさも加減し、大人も子どももおいしく食べられるように変わってきました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 黒ごまはいっておく。

作り方
だいこんがかぶるくらいの水を鍋に入れ、だいこんがやわらかくなる
まで煮る。
1に唐辛子を入れ、さらに煮る。
黒ごまを油が出てくるまですり鉢でよくする。(大人で40分ほど)
3のすり鉢の中に、砂糖、しょうゆ、本みりん、清酒を加えて、ごまを溶かすようによく混ぜる。
4を2に入れ、だいこんに味が通るまで煮詰める。
(ごまが焦げやすいので、弱火で鍋をゆすりながら煮る。)
火を止め、一晩おき、翌日もう一度煮る。
(だいこんにごまがよくからむ)。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑧水→①だいこん→②とうがらし→③ごま→④⑤⑥⑦

  ① だいこん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(厚めの輪切りにし繊維にそって4~8等分に切る。)
② 唐辛子(細かく輪切り)
  大根3kgに対し・・・・・・・・・・・・・
③ 黒ごま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
60g


3本

7g
1.5g
3g
1g
1g
30g
   
     
     
       


 

  



 

  こっぱなます  こっぱなます      
   
エネルギー ・・・・・ 191kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 5.6g
脂質 ・・・・・・・・・・ 8.9g
カルシウム ・・・・・ 188mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 2.1mg
ビタミンA ・・・・・・・ 54μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 16mg
食物繊維 ・・・・・・・ 4.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 4.5g
マグネシウム ・・・・ 71mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.0mg

 
由 来
  福井県敦賀市の五幡・挙野地区でしか食べることのできない「こっぱなます」は、正月や冬の祝い事の際には欠かせない料理の一つとして、今でもこの地域の食卓に並べられます。木をまさかりで切るときに出る木くずのことを「こっぱ」と呼び、食材を切った形が「こっぱ」に似ていることから「こっぱなます」という名前がつけられ ました。だいこんとにんじんとねぎ、焼いた油揚げにほどよいごまと辛子が効いた味付けは、忘れていた故郷の味がします。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ だいこんは、きゅうりかき(なますかんな)でかき、塩をふって一晩おいてしんなりさせておく。
○ 白ごまはいっておく。
○ にんじんは、酢にひたしておく。

作り方
白ごまは、すりばちで油がでるまでよくする。
1に砂糖・みそ・練り辛子・穀物酢を入れ酢みそを作る。
油揚げは焦げないように焼き、細い短冊切りにする。
(油抜きはしない)
ねぎは小口切りにしてゆでる。
だいこん・にんじんはふきんなどを使って固く水気を絞り、油揚げ・ねぎと一緒に酢みそで和える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①だいこん②しお→③にんじん④す→⑤あぶらあげ⑥ねぎ→⑦ごま→⑧みそ⑨さとう⑩す⑪からし

  ① だいこん(きゅうりかきでかく)・・・
② 食塩(もみ塩)・・・・・・・・・・・・・・・
③ にんじん(きゅうりかきでかく)・・・
④ 穀物酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 油揚げ(短冊切り)・・・・・・・・・・・
⑥ 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
⑦ 白ごま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 米みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 穀物酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 練り辛子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
120g
2.4g
6g
6g
6g
5g
10g
13g
11g
6g
4g