スキー [すきーじる]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
車麩の揚げ煮

 
アスパラ菜のおひたし

 

スキー汁


 
みかん
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
664kcal
22.1g
14.8g
59mg
2.5mg
435μgRE
0.74mg
0.52mg
75mg
5.0g
2.6g
95mg
2.8mg
 
 上越市の金谷山は、オーストリアの軍人レルヒ少佐が、日本で初めてスキー術を、伝えた地として知られています。当時、スキー訓練の時に出されたさつま汁のようなみそ汁が「スキー汁」の原点です。その後、上越市調理師協会高田支部の皆さんが、スキーが伝えられた翌年、金谷山で開催された我が国最初のスキー滑走競技会でふるまわれたものをもとにして、今のような「スキー汁」のレシピを考えました。材料や切り方にもそれぞれ意味があります。大根やにんじんを
「短冊切り」という切り方にしてスキーの板を表しています。つきこんにゃくはスキーのシュプール、豆腐は雪やあられ、長ねぎとごぼうはかんじき、しいたけはみのや笠を表しています。長ねぎやしいたけを周囲の木々に見立てる場合もあり
ます。「スキー汁」にはさつまいもが入るのが特徴ですが、これは少佐が視察を行った陸軍第13師団に鹿児島県出身者がいたからだといわれています。また、今日は豚肉を使っていますが、昔は雉やうさぎの肉を使って作られていたそうで
す。寒い時期に「スキー汁」は、体が温まります。

 上越市ではレルヒ少佐の功績を讃え、スキー発祥を記念し、毎年2月に「レルヒ祭」を開催している。会場の金谷山スキー場では当時の様子を再現した一本杖スキーの実演や小学生の金谷山太鼓の披露が行われ、周りにはあたたかい食べ物の屋台が軒を連ねる。「スキー汁」の出店もあり、温かい「スキー汁」は参加者に好評である。
   
 
  《参考資料》    
  新潟県上越市調理師協会作成スキー汁レシピ上越市観光ホームページ
スキー汁を特別活動に活用した指導事例