きりざい [きりざい]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
車麩のフライ

 
きりざい

 

豆腐だんご汁


 
みかん
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
700kcal
22.6g
17.9g
330mg
3.0mg
513μgRE
0.28mg
0.57mg
38mg
5.8g
2.5g
114mg
3.3mg
 
 「きりざい」は、昔から魚沼地方で食べられている郷土料理のひとつです。「きり」は切ること、「ざい」は野菜の「さい」を表し、野菜を細かく切って混ぜ合わせるという意味があります。肉や魚などがあまり食べられなかった時代に、大切なたんぱく質源の納豆をできるだけ大事に食べるために、野菜や漬物を細かく刻んで量を増やして食べました。栄養的にも納豆だけよりもバランスが良くなっています。納豆は嗅いや味に好みがありますが、野菜を混ぜることで食べやすくなります。納豆はからだにとてもよい食べ物なので、食べ方を工夫してぜひ好きになってください。

 「納豆」という名前は、昔、お寺の納所(なっしょ)というところで作られたことに由来すると言われている。その他、「煮豆」を神棚に供えたところ、しめなわに付着していた納豆菌の働きで納豆になった、神に納めた豆=「納豆」という説もある。
 納豆のネバネバは、他の食べ物と一緒にすると、そのたんぱく質の消化吸収が良くなる。ビタミンB2も原料の豆のときより約5倍にも増え、また、納豆は血管をつまらせる病気を防ぐ働きもする。からだにとてもよい食べ物である。
   
 
  《参考資料》    
  「ウイキペデイア(Wikipedia)」 フリー百科事典