新潟 NIIGATA
   
 新潟県は、日本海側のほぼ中央に位置し、面積は6,337平方キロメートルで全国第5位、全国で最長の信濃川などの河川が日本海へ流れ込むことから広大で肥沃(ひよく)な平野が広がり、日本一といわれる米・コシヒカリを産出する稲作を始め、農業、漁業が盛んで、美味しい食べものの宝庫として有名です。冬は雪に閉ざされ白一色におおわれますが、一幅の水墨画のようにひときわ美しい景観をみせてくれます。最近の話題は、県の鳥である「トキ」が、2008年秋に自然放鳥され、27年ぶりに佐渡の空に風切羽の鮮やかな淡紅色(トキ色)をのぞかせながら力強く大空へ羽ばたきました。
  きりざい       大海     スキー汁



 

  きりざい      きりざい        
   
エネルギー ・・・・・ 55kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.0g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.5g
カルシウム ・・・・・ 52mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 148μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.01mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンC ・・・・・・・ 6mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.5g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.5g
マグネシウム ・・・・ 32mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg


由 来
 「きりざい」は、昔から魚沼地方で食べられている郷土料理のひとつです。「きり」は切ること、「ざい」は野菜の「菜」のことを表し、野菜を細かく刻んであえるという意味です。肉や魚などがあまり食べられなかった時代に、大切なたんぱく源の納豆をできるだけ大事に食べるために、野菜や漬物をこまかく刻んで量を増やして食べました。今は、当たり前のように納豆が入っていますが、昔は納豆が入るのは、ハレの日の ごちそうでした。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ ごまは炒っておく。

作り方
だいこん、にんじんはゆでる。
だいこん、にんじん、野沢菜、しその実漬、糸引納豆、こいくちしょうゆ、ごまを全部混ぜ合わせる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①だいこん→②にんじん→③野沢菜→④しその実漬→⑤糸引納豆→
⑥しょうゆ→⑦いりごま

  ① だいこん(みじん切り)・・・・・・・・・
② にんじん(みじん切り)・・・・・・・・・
③ 野沢菜(みじん切り)・・・・・・・・・・
④ しその実漬・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 糸引納豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑦ いりごま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
5g
15g
3g
20g
0.5g
1g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  大海     だいかい        
   
エネルギー ・・・・・ 104kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 7.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.2g
カルシウム ・・・・・ 74mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.1mg
ビタミンA ・・・・・・・ 46μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.10mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.3g
マグネシウム ・・・・ 34mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.9mg


由 来
  大海とは、幅5寸~1尺(約15~30cm)ほどの平たい蓋 (ふた)付きの塗り物で、これに入れてもてなすので、その煮物も大海と呼ばれるという説と、大鍋で煮るので大海という字を当てているという説があります。江戸時代後期には、料理として存在してい ましたが、起源はわかりません。現在は、入れ物はおひらや大海入りと呼んでいます。この料理は、冠婚葬祭 (かんこんそうさい)など人が集まるときに作られています。
 入れ物は、朱塗りや黒塗りの蒔絵(まきえ)や溜塗り(ためぬり)などがあり、使用する際は、材料を美しく盛り付けるために材料を混ぜて煮ずに、それぞれの材料をひとつ鍋の中に片寄せて煮、盛り分けやすいように調理されました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 乾ししいたけは洗って水でもどす。(もどした水はだし汁として使う。)
○ 糸こんにゃくは、5分ほどゆで、アクを抜く。
○ たけのこは、下ゆでして臭みをとる。
○ 鶏もも肉は清酒をかけて臭みをとる。

作り方
なべに水、鶏もも肉を入れて煮る。出てきたアクをとる。
1にだし汁と調味料を入れ、もどしたしいたけ、ごぼう、糸こんにゃく、たけのこ、長もやし、にんじん、さといもと煮ていく。
2の材料が煮えたら焼き豆腐を入れ、味をととのえる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑮だし汁→②鶏もも肉→⑩酒⑪こいくちしょうゆ⑫うすくちしょうゆ
⑬食塩⑭砂糖(上白糖)→⑨もどしたしいたけ→⑥ごぼう→
⑧糸こんにゃく→⑦たけのこ→⑤長もやし→④にんじん→
③さといも→①焼き豆腐

  ① 焼き豆腐(短冊切り)・・・・・・・・・・
② 鶏もも肉(細切れ)・・・・・・・・・・・・
③ さといも(1cm いちょう切り)・・・・
④ にんじん(千切り)・・・・・・・・・・・・
⑤ 長もやし(4cm にカット)・・・・・・・
⑥ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・・
⑦ たけのこ水煮(千切り)・・・・・・・・
⑧ 糸こんにゃく(5cm にカット)・・・
⑨ 乾ししいたけ(千切り)・・・・・・・・・
⑩ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑫ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ 水(しいたけのもどし汁)・・・・・・・
20g
20g
25g
5g
20g
10g
20g
30g
1g
2g
3g
3g
0.4g
0.5g
140g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  




 

  スキー汁  すきーじる        
   
エネルギー ・・・・・ 94kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.0g
カルシウム ・・・・・ 64mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.0mg
ビタミンA ・・・・・・・ 141μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.19mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.07mg
ビタミンC ・・・・・・・ 10mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 329mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.7mg

 
由 来
  新潟県上越市にある金谷山(かなやさん)は、オーストリアの軍人レルヒ少佐が、日本で初めてスキー術を伝えた地として知られてい ます。「スキー汁」はスキーの訓練時に出されたさつま汁のようなみそ汁が原点で、「スキー汁」と命名したのは長岡外史 (がいし)将軍です。材料や切り方にもそれぞれ意味合いがあります。さつまいもを使うのが特徴ですが、これはレルヒ少佐が視察を行った陸軍第13師団に鹿児島県出身の軍人がいたためといわれています。スキー汁発祥当時は キジやウサギの肉を使っていたようですが、今では豚肉を使っています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 煮干しは水から煮出してだしをとる。
○ つきこんにゃくは下ゆでしておく。
○ ごぼうは水につけてあく抜きしておく。

作り方
だし汁に豚もも肉、だいこん、にんじん、ごぼう、つきこんにゃく、
さつまいもを入れて煮る。
煮たってしばらくしたら、アクを取る。
だいこん、にんじん、ごぼうが柔らかくなったら、米みそを加えて、
生しいたけ、豆腐、根深ねぎの順に加える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑫水⑪煮干し→①豚もも肉→②だいこん→③にんじん→④ごぼう→
⑤つきこんにゃく→⑥さつまいも→⑪米みそ→⑦生しいたけ→
⑧豆腐→⑨根深ねぎ

  ① 豚もも肉(スライス)・・・・・・・・・・・
② 大根(短冊切り)・・・・・・・・・・・・・
③ にんじん(短冊切り)・・・・・・・・・・
④ ごぼう(斜め薄切り)・・・・・・・・・・
⑤ つきこんにゃく(下ゆで)・・・・・・・
⑥ さつまいも(0.8cm いちょう切り)
⑦ 生しいたけ(そぎ切り)・・・・・・・・・
⑧ 豆腐(さいの目切り)・・・・・・・・・・
⑨ 根深ねぎ(斜め切り)・・・・・・・・・・
⑩ 米みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
30g
10g
10g
15g
15g
3g
20g
10g
5g
3g
100g