神奈川県 KANAGAWA
   
 神奈川県は、比較的温暖な気候に恵まれ、西部には箱根・丹沢(たんざわ)の山々が連なり、また、相模湾(さがみわん)などの海に面していて、風景の美しいところです。
 神奈川県の農地面積は、県全体の約9%しかありませんが、限られた農地でいろいろな作物を工夫して育てています。中でも大根、キャベツの生産量は全国規模を誇ります。海に面している地域には漁港があり、近海漁業・遠洋漁業が行われています。海の幸・山の幸に恵まれ、地場産物や旬の食材が豊富です。
  けんちん汁  牛なべ    海軍カレー



 

  けんちん汁 けんちんじる      
   
エネルギー ・・・・・ 86kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.1g
カルシウム ・・・・・ 74mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 150μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.07mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 6mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.3g
マグネシウム ・・・・ 33mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg

 

由 来
   けんちんは、中国から伝えられた卓袱(しっぽく)料理の一つです。巻繊とも書き、“けんちぇん”“けんせん”ともいいます。巻は巻いたもの、繊は小さく切ることで油を用いて料理するところが特徴です。
 鎌倉時代、建長寺(けんちょうじ)の開山であった蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が、はじめてつくり、修行僧たちが食べていました。建長寺で考え出した汁物なので、「建長寺汁」がなまったともいわれています。お寺で食べられていた汁物なので、豆腐や根菜類を使った精進料理 です。栄養もあり、体が温まり簡単に作れるので、だんだん一般の家庭にも広がりました。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 乾しいたけは洗って水でもどす。もどした水はだし汁として使う。
○ 油揚げは油抜きをする

作り方
なべを熱し、サラダ油・ごま油を入れ、こんにゃく・ごぼう・にんじん・だいこんを炒め、だし汁を加える。
もどししいたけ、油揚げを加えアクをとる。
調味料を入れる。
さといもを入れ、柔らかくなったら木綿豆腐、根深ねぎを入れる。
ごま油を入れ、味をととのえる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑩サラダ油⑪ごま油→③こんにゃく→⑦ごぼう→⑤にんじん→⑥だいこん→⑫だし汁→⑨しいたけ→②油揚げ→⑬塩→⑭こいくちしょうゆ→④さといも→①木綿豆腐→⑧根深ねぎ→⑮ごま油

  ① 木綿豆腐(1cm 角切り)・・・・・・・
② 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
③ 板こんにゃく(手でちぎる)・・・・・・
④ さといも(4mm 厚いちょう切り)・・
⑤ にんじん(いちょう切り)・・・・・・・・
⑥ だいこん(いちょう切り)・・・・・・・・
⑦ ごぼう(半月切り)・・・・・・・・・・・・
⑧ 根深ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・
⑨ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
⑩ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ だし汁(もどし汁+水)・・・・・・・・・
⑬ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑮ ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
30g
5g
15g
30g
10g
25g
5g
5g
1g
0.8g
0.2g
130g
0.8g
3g
0.1g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  



  なべ     ぎゅうなべ      
   
エネルギー ・・・・・ 201kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 14.0g
脂質 ・・・・・・・・・・ 11.7g
カルシウム ・・・・・ 100mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 40μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.16mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.2g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 38mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 2.8mg


由 来
  安政6年(1859年)横浜の開港により、外国文化とともに様々な外国の食品や料理がもたらされました。食パン・牛乳・アイスクリン・ビール等とともに西洋料理に欠かせない食材の牛肉もその一つで した。牛肉が出回るようになり、文久2年(1862年)横浜で居酒屋を営んでいた「伊勢熊(いせくま)」が初めて牛鍋屋 (ぎゅうなべや)を開業したとされます。その後、東京でも牛鍋屋が流行し、またたく間に一世を風靡 (ふうび)しました。横浜の港町で生まれた牛鍋は、それまで食べる習慣のなかった牛肉を日本人が初めて庶民の味として食べるようになった料理であり、文明開化 (ぶんめいかいか)の味と言え ます。当時は、焼いた牛肉をみそとねぎで煮込んだみそ仕立てでしたが、後にこの「牛鍋」と鋤(すき)を使って焼く「鋤焼き」が混ざり合って、今日の「すき焼き」になったとされてい ます。



材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ しらたきは下ゆでし、切っておく。
○ 小町ふは水でもどし、軽くしぼっておく。

作り方
なべにサラダ油を熱し、牛肉を炒める。
調味料を加え、しらたき、焼き豆腐、根深ねぎ、えのきたけを加えて
煮含める。
小町ふ、しゅんぎくを加えて味を整え、ひと煮立ちしたら火を止め
る。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑧サラダ油→①牛肉→⑨砂糖→⑩うすくちしょうゆ→⑪みりん→⑫酒→③しらたき→②焼き豆腐→④根深ねぎ→⑤えのきだけ→⑦小町ふ→⑥しゅんぎく

  ① 牛肉(薄切り)・・・・・・・・・・・・・・・
② 焼き豆腐(色紙切り)・・・・・・・・・・
③ しらたき(4cm 程度)・・・・・・・・・・
④ 根深ねぎ(1cm 斜め切り)・・・・・
⑤ えのきたけ(3cm 程度)・・・・・・・
⑥ しゅんぎく(3cm 程度)・・・・・・・・
⑦ 小町ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
50g
40g
30g
20g
10g
5g
2g
1g
3g
8g
1g
1g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 
   



 

  海軍カレー  かいぐんかれー      
   
エネルギー ・・・・・ 252kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.7g
脂質 ・・・・・・・・・・ 14.4g
カルシウム ・・・・・ 30mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.8mg
ビタミンA ・・・・・・・ 245μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.33mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.14mg
ビタミンC ・・・・・・・ 19mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.5g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.7g
マグネシウム ・・・・ 25mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.0mg

 
由 来
  江戸時代後期から明治に西洋の食文化が日本へ入ると、カレーも紹介されました。当時インドを支配していた大英帝国の海軍を模範 (もはん)とした大日本帝国海軍は、軍隊食にカレーパウダーを入れたビーフシチューとパンをとり入れました。しかし、日本人には なじめなかったため、カレー味のシチューに小麦粉でとろみ付けし、ライスにかけたところ好評を得てカレーライスが誕生しました。インド風カレーとは一線を画 (かく)すもので、小麦粉のルーに多数の具を加え、日本米との絶妙なコンビネーションを遂 (と)げるよう工夫されています。日露(にちろ)戦争当時、帝国海軍・横須賀鎮守府 (ちんじゅふ)が、調理が手軽で肉と野菜の両方がとれるバランスのよい食事としてカレーライスを採用、海軍当局は1908年発行の「海軍割烹術 (かっぽうじゅつ)参考書」に掲載し、その普及に努めたとされています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ バター、サラダ油、小麦粉、カレー粉でルウを作る。


作り方
なべにサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを炒め、たまねぎを入れ、よく炒める。
豚もも肉、にんじん、じゃがいもを入れ、コンソメと水、ベイリーフを入れて煮込む。
(じゃがいもは煮くずれるので、他のものがほぼ煮えてから入れるとよい。)
煮えたらルウを入れ、調味料を入れて味を整える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
*ルウ(⑭→⑮→⑯→⑰)
⑦サラダ油→⑤にんにく→⑥しょうが→④たまねぎ→①豚もも肉→③にんじん→②じゃがいも→⑱水→⑧固形コンソメ→⑨ベイリーフ→ルウ→⑩⑪⑫⑬

  ① 豚もも肉(小間切れ)・・・・・・・・・・
② じゃがいも(さいの目)・・・・・・・・・
③ にんじん(さいの目)・・・・・・・・・・
④ たまねぎ(さいの目)・・・・・・・・・・
⑤ にんにく(みじん切り)・・・・・・・・・
⑥ しょうが(みじん切り)・・・・・・・・・・
⑦ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 固形コンソメ・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ ベイリーフ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ ウスターソース・・・・・・・・・・・・・・
⑫ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑬ トマトケチャップ・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 有塩バター・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑯ 小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑰ カレー粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑱ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40g
40g
15g
50g
0.1g
0.2g
1g
2g
0.01g
1g
2g
2g
2g
4g
4g
8g
1.5g
60g
   
     
     
     
     
  ※写真は、海軍カレーをごはんにかけたものです。