東京都 TOKYO
   
 東京は、おだやかな太平洋側気候で夏は降水量が多く、冬には冷たい季節風が吹きます。都の西部は山間部で内陸部は盆地、そして東京湾沖の伊豆七島 (いずしちとう)は暖流の黒潮で冬でも暖かく漁業中心の暮らしがあります。東京都の総面積の5%に過ぎませんが特性を生かした耕地から四季折々の農産物があります。東京の食文化には歴史があります。江戸時代、東京湾の漁業が豊かだったことから あさりが多くとれることから佃煮(つくだに)が作られました。現在もあさりが東京湾の漁業の10%ですが郷土料理として深川めしを残しています。内陸部では麦を栽培しうどんや ゆでまんじゅうが郷土料理として受け継がれています。全国の食文化の集まる東京は、先人の知恵を受け継いでいます。
  深川めし  ふろふき大根   ゆでまんじゅう



 

  深川めし  ふかがわめし      
   
エネルギー ・・・・・ 343kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 10.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.1g
カルシウム ・・・・・ 39mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 9.7mg
ビタミンA ・・・・・・・ 107μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.23mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 1mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.53g
マグネシウム ・・・・ 16.2mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.9mg

 

由 来
   むかし深川(ふかがわ)地域(現在の東京都江東区)一帯が海であった頃、あさりがたくさんとれていました。深川はあさりの本場だったので、あさりを「深川」とも呼んだといわれています。
 「深川めし」とは、そのあさりのむき身を炊き込んだごはんのことです。また、あさりのむき身とねぎをみそで煮た汁を貝とともにご はんの上からかけることもあり、一膳飯(いちぜんめし)で庶民的な食べ物とされていました。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ あさりをしょうが、清酒につけておく。
○ さやえんどうをゆでてななめに切っておく。

作り方
サラダ油を熱し、ごぼう、にんじんを炒める。
あさりを加え、砂糖、こいくちしょうゆを入れて味がしみこむまで煮る。
具と煮汁に分ける。
酒、うすくちしょうゆ、塩、煮汁を入れてごはんを炊く。
4のごはんと3の具をさっくりと混ぜ合わせ、さやえんどうを上から散らしてしあげる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
具→④→⑤→⑥→⑭→⑮→⑧具⑪サラダ油→④ごぼう→⑤にんじん→⑥あさり→⑬砂糖→⑭こいくちしょうゆ
ご飯①②③→⑫酒→⑩塩→⑨うすくちしょうゆ→⑧さやえんどう

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 麦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 煮汁+水・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・
⑤ にんじん(千切り)・・・・・・・・・・・・
⑥ あさり(根茎)(水煮) ・・・・・・・・・
⑦ しょうが(根茎)(すりおろす)・・・
⑧ さやえんどう・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
75g
5g
96g
10g
10g
25g
0.8g
5g
4g
3g
1g
2g
1g
4g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  



  ふろふき大根    ふろふきだいこん      
   
エネルギー ・・・・・ 63kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.4g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.7g
カルシウム ・・・・・ 54mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンC ・・・・・・・ 5.4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.6g
マグネシウム ・・・・ 22mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.4mg


由 来
  ふろふき大根の「風呂吹き」は、冷ましながら食べる仕種(しぐさ)に由来します。
昔、風呂が蒸し風呂だった時代、熱くなった体に息を吹きかけると垢(あか)をかきやすいため、息を吹きかけて垢をこすり取る者がいました。「風呂吹き」とは、蒸し風呂で息を吹きかけ垢を取ることや、その者を指して呼んだ言葉で、この料理を食べるときに冷ます姿が似ていることから、「風呂吹き」と呼ぶようになりました。
  ふろふき大根の大根は、体にもよく、安くて経済的なため、「不老富貴」という文字を当てたという説もあります。ほかに、漆 (うるし)職人が大根のゆで汁を漆貯蔵室の風呂に吹きこむために使用したことから、残ったゆで大根が「風呂吹き大根」と呼ばれるようになった、という説もあります。



材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ だいこんは、米のとぎ汁でゆでる。
○ かつお節と水でだしをとる。

作り方
だし汁に西京みそなどの調味料を入れて、みそだれを作る。
だいこんをだし汁で煮る。
2に1をかける。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
だいこん②③だし汁→④→①だいこん
みそだれ⑤⑥だし汁→⑧→⑨→⑦西京みそ→⑪酒→⑫みりん→⑩白いりごま

  ① だいこん(1本を12等分に輪切り)
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 西京みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 白いりごま・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
94g
38g
0.5g
0.2g
8g
0.2g
8.4g
3.4g
0.9g
2.3g
0.8g
0.4g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 
   



 

  ゆでまんじゅう  ゆでまんじゅう      
   
エネルギー ・・・・・ 187kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.4g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.7g
カルシウム ・・・・・ 11mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.1g
マグネシウム ・・・・ 0mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 12mg

 
由 来
  東京の多摩(たま)地域は、お米がとれないので小麦を栽培し、じごなを主体とした料理の食文化があります。ゆで まんじゅうはその一つで、お盆の時期に多くの家庭で作られ、集まった親族にふるまわれています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    作り方
小豆(あずき)、砂糖、塩であんを作る。
地粉、小麦粉、上新粉、白玉粉をよくまぜ、水を加えてよくねる。
30分ほどねかせて、生地を作る。
生地を小分けにし、あんを入れて一つ一つ丸め、15分ゆでる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
(小豆あん)⑥あずき→⑦砂糖→⑧塩
(ゆでまんじゅう)①地粉→②小麦粉→③上新粉→④白玉粉→⑤水

  ① 地粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 上新粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 白玉粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 小豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
15g
3g
3g
13g
5g
10g
0.1g