太巻き祭り寿司 [ふとまきまつりずし]  
 
 

 
太巻き祭り寿司

 
(桃の花・ろくちゃん)

 
牛乳

 
いろどり

 
のり和え

 
すまし汁

 

みかん

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
667kcal
30.2g
15.9g
428mg
4.1mg
782μgRE
0.42mg
0.86mg
79mg
11g
3g
156mg
3.9mg
 
  太巻き祭り寿司は、千葉県の郷土料理です。安房や上総という、千葉県でも南の地方で作られていたものです。いろいろな模様を太巻き寿司で表現するのが特徴で、模様の種類は100種類以上あるとも言われています。給食では、「桃の花」と「ろくちゃん」を作りました。郷土料理を受け継ぎ、伝えていくことは、昔の人の食生活の知恵を知り、食べ物に感謝し、私たちの住む千葉県を大切に思う心をずっと伝えていくことでもあります。千葉県の郷土料理はまだ他にもあります。何があるか調べてみましょう。

  太巻き祭り寿司は、農村部で発達したもので、米と海苔に地元の農産物やかんぴょうを材料に用いて作り、米を作る農民の手から生まれたところに価値があるといわれている巻き寿司である。
 「太巻き祭り寿司」とは、西の岡山の祭りずしに対して、東の祭り寿司として「太巻き祭り寿司」で紹介されている。
   
 
  《参考資料》    
  行田市観光協会HP