ゼリーフライ [ぜりーふらい]  
 
 

 
なす南蛮うどん

 
牛乳

 
ゼリーフライ

 
色彩サラダ

 
果物

 
   
 
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
736kcal
25.2g
24.6g
356mg
2.0mg
487μgRE
0.52mg
0.51mg
54mg
7.3g
3.6g
96mg
2.4mg
 
  行田市の名物料理となったゼリーフライは、おから・じゃがいも・ねぎをよく混ぜて形を整え、素揚げしてソースにつけて食べます。その名前の由来は、昔のお金の形の小判型をしていることから銭(お金)フライと呼ばれ、それが訛ってゼリーとなり今の呼び名になっています。主な材料のおからは豆腐を作った時にできるもので、たんぱく質やカルシウム、カリウム、鉄分を多く含みます。豆腐の3倍の食物繊維が含まれ、腸の働きをよくします。栄養いっぱいのおからをたくさん使っておいしい名物料理を作ってしまうとは、昔の人の知恵はすばらしいです。

 埼玉県行田市は県北部にあり、「ゼリーフライ」とならんで有名なのが「フライ」である。
 行田の「フライ」は衣を付けて揚げた物ではない。小麦粉を柔らかく水でといて鉄板の上で薄く焼き、葱や肉、卵などの具を入れソースや醤油だれをつけて食べるクレープのようにふわりとした舌ざわりで、お好み焼きに似ている。
 農家で手軽に作られる持ち運びが便利なおやつがそのルーツとか。今では町の観光名物になっている。
   
 
  《参考資料》    
  行田市観光協会HP