くわいごはん [くわいごはん]  
 
 

 
くわいごはん

 
牛乳

 
魚の一夜干し(ほっけ)

 
れんこんの金平

 
果物(みかん)

 
   
 
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
638kcal
27.5g
21.4g
434mg
2.0mg
302μgRE
0.74mg
0.55mg
40mg
4.1g
3.3g
97mg
3.3mg
 
 みなさんのお家の近くで「くわい」畑を見たことがありますか?
 くわいは田んぼのような泥の中にできます。泥の中から、大きな鍬(くわ)の形ににている大きな葉っぱが出ていたら「くわい」かもしれません。
 クワイは大きな芽がついているので、「芽がでるように」ということで縁起(えんぎ)がいいのでお正月に食べるおせち料理に使われています。今日はくわいを使った混ぜごはんにしました。

  オモダカ科の水生多年草で塊根(かいこん)部を食べる。中国から平安朝初期に日本に渡来した。クワイの語源はクワイグリ(若い栗の味に似ているから)の略とか、カワイモ(河芋)の転訛(てんか)とか、葉の形からクワ(鍬)に似ているイ(芋)からついたなど様々な説がある。漢字は茎の先端の根のついた状態が、姑が子に乳を与える姿に似ているからとか言われている。
   
 
  《参考資料》    
  「たべもの日本史総覧」 西山松之助 著  人物往来社 
「標準原色図鑑全集」  保育社