埼玉 SAITAMA
   
 埼玉県は東京に隣接し、都心へのアクセスもよく、多くの住宅地や商業都市をもつ県で、電車や高速道路なども整備されています。また、県西部や秩父には川や山や緑に恵まれた自然も数多くあり、県北部や東部は田んぼや畑が多く、農産物が豊かです。小松菜やほうれん草、ブロッコリー、きゅうり、大豆などは、全国的にみても多く生産されています。
 
  くわいごはん   かてめし   ゼリーフライ



 

  くわいごはん    くわいごはん      
   
エネルギー ・・・・・ 308kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 7.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.9g
カルシウム ・・・・・ 26mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.1mg
ビタミンA ・・・・・・・ 77μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンC ・・・・・・・ 1mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.9g
マグネシウム ・・・・ 31mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.7mg

 

由 来
   埼玉県の草加市(そうかし)、越谷市(こしがやし)は、湿地帯が多く、古くからくわいの生産が盛んでした。綾瀬川 (あやせがわ)付近の土には鉄分が多く含まれていて、くわいの色や質を高めています。20年前にはくわい畑も多かったのですが、最近では、作業がむずかしいことから生産者が減少してきています。
 くわいは大きな芽が出るので、縁起がよいとされ、お節料理には欠かせない食材となっています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 油揚げは油抜きする。
○ くわいは洗って皮をむき、水気をきって170度で素揚げする。(芽も使う)
○ グリーンピースはゆでる。

作り方
精白米は酒、塩、こいくちしょうゆと水を入れて炊く。
水、砂糖、こいくちしょうゆ、塩を煮立てて鶏もも肉、にんじん、油揚げの順に入れて煮る。
2と揚げたくわいをごはんの上にのせて20分ほど蒸らし、グリーンピースとともに混ぜ合わせる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①②③④⑤→⑭⑪⑫⑬→⑥鶏もも肉→⑦にんじん→⑨油揚げ→ごはん→⑧くわい→⑩グリーンピース

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 鶏もも肉(小間切れ)・・・・・・・・・・
⑦ にんじん(せん切り)・・・・・・・・・・
⑧ くわい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 油揚げ(せん切り)・・・・・・・・・・・・
⑩ グリーンピース・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
70g
84g
1.2g
0.5g
15g
6g
10g
15g
6g
3g
1g
3g
0.3g
15g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  



  かてめし    かてめし      
   
エネルギー ・・・・・ 330kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 7.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.3g
カルシウム ・・・・・ 96mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 161μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンC ・・・・・・・ 2mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.0g
マグネシウム ・・・・ 49mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.7mg


由 来
 かてめしは「糅飯(かてめし)」と書き、混ぜ合わせるという意味の「糅てる」が語源で、埼玉県全域に伝わる郷土料理の一つです。
 昔、お米は貴重な食べ物だったため、季節の野菜や山菜、きのこなどの糅(かて)をまぜて、量を増やして食べたことからこの名前がついたと いわれています。また糧(かて)という字をあてることがあります。



材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 刻み昆布は塩出しする。
○ ずいきは水でもどしてゆでる。
○ 凍り豆腐は水でもどしてかるくしぼる。
○ さやいんげんはゆでる。
○ かつお節と水でだしをとる。

作り方
ごはんを炊く。
なべにサラダ油を熱し、ごぼう、にんじん、 もどしずいき、刻み昆布の順に炒める。
炒めたものにだし汁を入れ、一煮立ちしたら凍り豆腐、油揚げと調味料を入れて、煮汁がなくなるまで煮込む。
3にさやいんげんを入れて具を仕上げる。
炊き上がったご飯と具を混ぜ合わせる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①②→⑩サラダ油→③ごぼう→④にんじん→⑤干しずいき→⑨刻み昆布→⑮⑯だし汁→⑦→⑥→⑬⑪⑫⑭→⑧さやいんげん→ごはん

  ① 精白米(強化米0.3%)・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ ごぼう(0.3cm いちょう切り)・・・
④ にんじん(0.3cm いちょう切)・・
⑤ 干しずいき(乾)(1cm)・・・・・・・・
⑥ 油揚げ(0.5cm 短冊切り)・・・・
⑦ 凍り豆腐(0.5cm 短冊切り)・・
⑧ さやいんげん(3cm カット)・・・・・
⑨ 刻み昆布(3cm×3mm)・・・・・・
⑩ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 砂糖(きび糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑯ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
70g
84g
20g
10g
3g
5g
3g
10g
0.5g
1g
1.5g
3g
1g
0.4g
1g
15g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 
   



 

  ゼリーフライ     ぜりーふらい      
   
エネルギー ・・・・・ 134kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.7g
脂質 ・・・・・・・・・・ 6.4g
カルシウム ・・・・・ 23mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.5mg
ビタミンA ・・・・・・・ 50μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンC ・・・・・・・ 13mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.6g
マグネシウム ・・・・ 16mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg

 
由 来
  ゼリーフライは、おからとじゃがいも、根深ねぎをよく混ぜたものをそのまま素揚げにした、埼玉県行田市(ぎょうだし)の郷土料理です。そのルーツは日露戦争 (にちろせんそう)の頃で、中国の「野菜まんじゅう」がヒントになってできたと言われています。その名前の由来は、「小判型」をしている事から「銭(ぜに)フライ」と呼ばれ、それが訛 (なま)って「ゼリーフライ」となりました。行田市は足袋(たび)を中心とした被服関係の工場が多く、そこで働く人たちのおやつ代わりに食べられていました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ じゃがいもは蒸してあら熱をとる。

作り方
サラダ油でにんじんとたまねぎをしんなりとするまで炒める。(あら
熱をとる)
じゃがいも、おから、小麦粉をよく混ぜる。(いもはつぶし
てもよい)
根深ねぎ、1、パン粉、鶏卵、水、調味料を混ぜてこねる。
小判型に形をととのえて170度のサラダ油で揚げる。
ウスターソースの中にゼリーフライをくぐらせて仕上げる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨サラダ油→③にんじん→④たまねぎ→①じゃがいも→②おから→⑦小麦粉→⑤ねぎ⑧パン粉⑥鶏卵⑩⑪⑫→⑬サラダ油→⑭ソース

  ① じゃがいも(2cm 角切り)・・・・・・
② おから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ にんじん(荒みじん)・・・・・・・・・・
④ たまねぎ(荒みじん)・・・・・・・・・・
⑤ 根深ねぎ(荒みじん)・・・・・・・・・・
⑥ 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 小麦粉(薄力粉)・・・・・・・・・・・・・
⑧ パン粉(ドライ)・・・・・・・・・・・・・・
⑨ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 白こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ ソース(ウスター)・・・・・・・・・・・・
35g
15g
3g
5g
5g
5g
6g
0.5g
少々
2g
0.2g
少々
3g
5g
   
     
     
     
     
     
  ※おからはドライフレーク使用の場合は7g