豆腐めし [とうふめし]  
 
 

 
豆腐めし

 
牛乳

 
さけの塩焼き

 
磯和え

 
田舎汁

 
りんご

 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
652kcal
29.9g
16.9g
369mg
2.6mg
347μgRE
0.63mg
0.68mg
28mg
5.6g
2.7g
125mg
3.2mg
 
 豆腐めしは、群馬県の利根地区の郷土料理です。
 昔は豆腐だけでしたが、給食ではにんじんやきのこを入れて彩りや栄養のバランスを考えた混ぜごはんにしてあります。
 豆腐には、植物性たんぱく質やビタミン、ミネラルがたっぷり含まれています。さらに、エネルギーが低いため、健康食品として注目され食べられるようになりました。
 動物性食品に偏りがちな現代人の食生活を見直すためにも、昔ながらの和食の料理をお家の人と一緒に作って食べてみましょう。

  群馬県の利根地区では、数年前までは、お祝い行事や消防団の秋期点検などの時には、必ず大原名物の豆腐めしがふるまわれていた。
 米が貴重だった時代、豆腐や野菜を入れて、かさを増(ま)やした昔の人の知恵や工夫が生かされている。
   
 
  《参考資料》    
  「上州ふるさとの味おいしいレシピ」 群馬県庁企画課「上州ふるさとの味」PR 検討会