群馬 GUNMA
   
 群馬県は、日本列島のほぼ中央に位置しており、上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)をはじめ、利根川の清流、尾瀬湿原、湖沼や渓谷など、変化に富んだ大自然に恵まれています。
 また、草津、伊香保、水上、四万をはじめとする数多くの温泉地があることでも知られています。県の形は、上毛かるたに「鶴舞う形の群馬県」とうたわれているように、空を舞う鶴の形に似ています。
 こんにゃくいも、きゅうり、生しいたけ、ほうれん草、キャベツ、ねぎなどの農産物や牛肉、豚肉、鶏肉の生産が盛んであり、「農業王国」「畜産王国」といっても過言ではありません。
 
  おきりこみ     豆腐めし     呉汁



 

  おきりこみ    おきりこみ        
   
エネルギー ・・・・・ 459kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 17.7g
脂質 ・・・・・・・・・・ 5.0g
カルシウム ・・・・・ 56mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.2mg
ビタミンA ・・・・・・・ 60μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 4.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.9g
マグネシウム ・・・・ 40mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.9mg

 

由 来
  群馬県は全国有数の小麦の産地です。その小麦で作った地粉を使って作る手打ちのひもかわ(平たい太めの めん)を、だいこんやさといもなどの地場産野菜たっぷりの鍋に「切っては入れ、切っては入れ」して煮込んで食べたことから、 「おきりこみ」と呼ばれるようになりました。地域によって「おっきりこみ」「にぼとう」などと呼ばれ、具材や味つけが変わりますが、熱々のトロッとした味わいが特徴です。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 乾しいたけは洗って水でもどす。
○ かつお節と水でだしをとる。

作り方
小麦粉中力粉(地粉)に水、食塩を入れてなめらかになるまでよく練って、ひとかたまりにする。(たくさん作る場合はビニール袋に生地を入れて足で踏み、こしを出す)
めんぼうを使ってさ2~3㎜にのばし、長さ10~15㎝、幅1㎝に切りめんを作る。
鍋にサラダ油を熱し、鶏むね肉、にんじん、だいこんを炒める。
3にだし汁を入れて煮る。一煮立ちしたらアクを取りもどししいたけ、さといも、油揚げ、はくさいを入れて煮る。
野菜が煮えたら、めんを下ゆでせずにそのまま入れる。
めんに火が通ったらこいくちしょうゆを入れ、味を整える。
最後にねぎを散らす。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑫⑬だし汁→⑪→②とり肉→③にんじん→④だいこん→だし汁→
⑤しいたけ→⑥さといも→⑦油揚げ→⑧はくさい→①めん→⑨ねぎ

  ① 麺
 小麦粉中力粉(地粉)・・・・・・・・・・
 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 鶏むね肉皮なし(小間切れ)・・・・
③ にんじん(2㎝短冊切り)・・・・・・・
④ だいこん(2㎝短冊切り)・・・・・・・
⑤ 乾しいたけ(千切り)・・・・・・・・・・
⑥ さといも(1㎝いちょう切り)・・・・・
⑦ 油揚げ(短冊切り)・・・・・・・・・・・
⑧ はくさい(2㎝短冊切り)・・・・・・・・
⑨ 根深ねぎ(斜め薄切り)・・・・・・・・
⑩ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑪ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100g
1g
50g
25g
8g
20g
0.8g
20g
5g
10g
3.5g
6.2g
1g
3g
130g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

 

 


 

  豆腐めし    とうふめし      
   
エネルギー ・・・・・ 351kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.8g
カルシウム ・・・・・ 79mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 36μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.27mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 1mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.2g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.5g
マグネシウム ・・・・ 40mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.6mg

 
由 来
 昔から利根地区は大豆の産地で、もめん豆腐作りも盛んでした。
 豆腐めしは「しょうゆめし」に、消化のよい木綿豆腐を炒めて入れたところ、おいしかったのがはじまりです。
 大豆は荒れ地でも作れる作物だったため、大豆加工品は貴重なたんぱく源として昔の人の生活の知恵が受け継がれて きた料理といわれています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 木綿豆腐はしぼって水をきっておく。

作り方
精白米を炊く。
鍋にサラダ油を熱し、木綿豆腐を細かくなるようによく炒める。
にんじんとぶなしめじを入れ、さらに炒める。
調味料を入れ全体に味がからむように煮汁がなくなるまで炒める。
炊き上がったごはんに4を混ぜる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①②→⑪サラダ油→③木綿豆腐→④にんじん→⑤ぶなしめじ→
⑥にぼし粉→⑦砂糖→⑧清酒→⑨本みりん→⑩こいくちしょうゆ→
たきあがったごはん

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ にんじん(3cm 短冊切り)・・・・・・
⑤ ぶなしめじ(細かく裂く)・・・・・・・・
⑥ にぼし粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑪ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
80g
96g
60g
3g
10g
0.3g
1.5g
0.5g
1g
3g
1.5g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     




  呉汁    ごじる      
   
エネルギー ・・・・・ 92kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.8g
カルシウム ・・・・・ 3.8mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 120μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 5mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 1.6mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.8mg


由 来
 呉汁とは、水に浸してやわらかくした大豆をすりつぶして絞ったものを入れたみそ汁を いいます。大豆を水に浸してすりつぶした汁を「ご(豆汁、豆油)」と言い、「ご」を入れたみそ汁なので、「呉汁」と呼ばれるようになりました。枝豆で作った呉汁は「枝豆呉汁」や「青呉汁」と呼ばれます。

 

材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 煮干しと水でだしをとっておく。
○ こんにゃくは切ってからゆでておく。
○ ゆで大豆はミキサーにかけて、細かくしておく。

作り方
鍋に油を熱し、ごぼうを香りがでるまで炒める。
1にこんにゃく、にんじんを入れてサッと炒める。
だし汁を加え、だいこん、さといもを入れて煮る。
細かくしたゆで大豆と豆乳を入れ、ふきこぼれないように注意して煮る。
米みそ(淡色辛みそ)を入れ、味を整え、最後にねぎを加える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑩⑪だし汁→⑫サラダ油→①ごぼう→②こんにゃく→③にんじん→
だし汁→④だいこん→⑤さといも→⑥ゆで大豆→⑦豆乳→
⑨米みそ→⑧ねぎ

  ① ごぼう(小さめささがき)・・・・・・・・
② 板こんにゃく(短冊切り)・・・・・・・
③ にんじん(0.5cm いちょう切り)
④ だいこん(0.5cm いちょう切り)
⑤ さといも(1cm いちょう切り)・・・・
⑥ ゆで大豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 豆乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 根深ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・
⑨ 米みそ(淡色辛みそ)・・・・・・・・・
⑩ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6g
10g
8g
20g
20g
10g
10g
5g
8g
3g
120g
1g