栃木 TOCHIGI
   
 栃木県は関東地方北部に位置する内陸県で、県都宇都宮市は東京から90km の所にあります。県内には世界に誇る日光国立公園のほか、豊かな地域特性を持つ8つの県立の自然公園があり、首都に近い県でありながら美しい自然がたくさん残されています。
 日光輪王寺(りんのうじ)の強飯式(ごうはんしき)は全国に知られた栃木の行事ですが、他にも山を敬い、川を畏(おそ)れる心は、今でも数多くの習俗や行事が、折々の食とともに県内各地で引き継がれています。
 生産量日本一のニラをはじめ、甘いいちご「とちおとめ」など栃木県はおいしい食べ物がたくさんあります。
  しもつかれ   かんぴょうの卵とじ  えび大根



 

  しもつかれ  しもつかれ      
   
エネルギー ・・・・・ 161kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 13.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 6.0g
カルシウム ・・・・・ 78mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.5mg
ビタミンA ・・・・・・・ 155μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.09mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンC ・・・・・・・ 13mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.8g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.5g
マグネシウム ・・・・ 36mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.2mg


由 来
   2月の初午(はつうま)の日に「わらつと」に入れて、赤飯といっしょに稲荷(いなり)神社に供えられる行事食です。名前の語源も下野(しもつけ)ばかり説(栃木県だけで作る料理、下野の家例 (かれい)として作る料理)、酢むつかり説(酢の入った料理)などがあります。竹の歯が鬼の歯を連想させることから「鬼おろし」と呼ばれている道具でおろした、だいこん、にんじんと、正月の塩 ざけの頭、節分の豆等を煮込 みます。鬼おろしを使うと、程良い粗さで水っぽくおろせるため素材本来の旨みを逃がさないでおろせます。しもつかれは、正月や節分の残りの食材を使った保存食として、また破魔招福 (はましょうふく)の祈りの込められた料理です。
  また、「七軒の家のしもつかれを食べると病気にならない」と言われ、隣近所の人と分け合って食べることも多い 料理です。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 塩ざけの頭を1回ゆでこぼして臭みをとる。
○ 酒かすを溶けやすいように小さくちぎる。

作り方
厚手のなべに塩ざけの頭と水、酢を入れ、沸騰したら弱火にし、アクを取りながらよく煮溶けるまで3時間位煮る。
1にだいこん、にんじん、いり大豆を加えてさらに1時間30分位煮る。
油揚げ、酒かすを入れて、こいくちしょうゆ、塩で味を整える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①塩ざけ→②酢→③水→④だいこん⑤にんじん⑥いり大豆→⑦油揚げ⑧酒かす→⑨⑩
◆ 塩ざけの塩味により、加えるしょうゆ、塩は加減する。
◆ 塩ざけの頭は焼いて使用してもよい。
◆ 好みで砂糖を加えてもよい。
 

  ① 塩ざけの頭(2㎝角切り)・・・・・・・
② 穀物酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ だいこん(鬼おろしでおろす)・・・
⑤ にんじん(鬼おろしでおろす)・・・
⑥ いり大豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 油揚げ(縦半分6㎜千切り)・・・・
⑧ 酒粕・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
30g
2g
80g
100g
20g
5g
10g
15g
適量
適量
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  



  かんぴょうの卵とじ  かんぴょうのたまごとじ      
   
エネルギー ・・・・・ 52kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 3.5g
脂質 ・・・・・・・・・・ 2.6g
カルシウム ・・・・・ 27mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.7mg
ビタミンA ・・・・・・・ 42μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンC ・・・・・・・ 1mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.9g
マグネシウム ・・・・ 9mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.4mg


由 来
 
  かんぴょうは、ゆうがおの未熟果肉をひも状にむいて乾燥したものです。栃木県におけるゆうがおの栽培は、正徳2年(1712)壬生城主(にぶじょうしゅ)の鳥居忠英(とりいただひで)公が前任地の近江(おうみ)の国から種を取り寄せ、領地内で作らせたのが始まりといわれています。その後、栃木県の風土に合い、現在全国1位の生産量をほこっています。かんぴょうはその日のうちに天日乾燥してしまわなければな りません。そのため晴天の日の早朝から畑に出て、ゆうがおの実をもぎとり果肉を細くむいて、庭に干 します。まるで白いのれんのように干されるかんぴょう干しの風景は、栃木県の夏の風物詩です。



材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ かんぴょうを洗って塩もみし、よく塩を洗い流した後、水気を絞り、そ
れを固めにゆでる。
○ かつお節と水でだしをとる。

作り方
かんぴょうを溶いた鶏卵の中に入れ、よくかき混ぜる。
だし汁を煮立て、塩、うすくちしょうゆで調味し、沸騰したら1を
入れ、具がふわっと固まったとき、火を止め椀に盛る。
根みつばをのせる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑥⑦だし汁→⑤塩→④うすくちしょうゆ→① かんぴょう② 鶏卵→
③根みつば

  ① かんぴょう(2㎝)・・・・・・・・・・・・・
② 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 根みつば(2㎝)・・・・・・・・・・・・・
④ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5g
25g
3g
1g
0.6g
3g
150g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 
   



 

  えび大根    えびだいこん      
   
エネルギー ・・・・・ 45kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.4g
カルシウム ・・・・・ 163mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 1μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 12mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.1g
マグネシウム ・・・・ 28mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg

 
由 来
  毎年、9月28日、29日の水神様(すいじんさま)のお祭りに、赤飯、けんちん汁、きんぴらごぼう等とともに各家庭で作られ、親 せきやよそに行っている子どもたちが帰ってきて共にお祝いします。このお祭りは、渡良瀬(わたらせ)川を利用する舟の安全や川の穏やかなることを祈願するものです。
  元来、行事やハレの日のごちそうでしたが、現在は県南地方では寒くなると川えびがとれ、大根の味も良くなるので一般家庭でも普段の日のおかずとしてよく作られます。
  えび大根に使われるえびは、笹を使って取ることから「笹えび」といわれる川えびです。皮をむいて、厚めに切っただいこん、笹 えび、水、砂糖、こいくちしょうゆを加えてだいこんがやわらかくなるまで弱火でゆっくり煮ます。良く煮えただいこんは、口の中でとろけるよう なおいしさです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ だいこんを米のとぎ汁に入れて、サッとゆでる。

作り方
なべにだいこん、川えび、水、こいくちしょうゆ、砂糖、 酒を入れ、だいこんに味がしみるまで煮る。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①だいこん→②川えび→③水→④こいくちしょうゆ→⑤砂糖→⑥酒

  ① だいこん(2㎝の厚さの半月切り)
② 川えび・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 砂糖(上白糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※米のとぎ汁を使う。
100g
20g
100g
10g
5g
5g