からかい [からかいに]  
 
 

 
ごはん

 
牛乳

 
からかい煮

 
にんじんの白和え

 
親子汁

 
   
 
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
593kcal
28.2g
16.1g
519mg
3.6mg
500μgRE
0.47mg
0.55mg
12mg
4.0g
2.4g
97mg
3.3mg
 
 今日はお祭りやお祝いのときに食べる郷土料理「からかい煮」です。
 「からかい」というのはエイを乾燥させたもので、「かすべ」とも言います。乾燥させると長期に保存ができるので、冷蔵庫や冷凍庫のないときから食べられています。
 手間のかかる料理で、まず乾燥している「からかい」の汚れを落として一日かけて水で戻します。戻したものは独特の臭みがあるので、これをお湯でゆでこぼしてから軟らかくなるまで茹でます。そうして、味付けをします。食べるまでに時間がかかるので、毎日食べる料理ではなく昔から特別な日の料理として食べられてきました。
 骨まで軟らかくなり、冷めると「にこごり」ができ、煮汁まで全部食べることができます。
 もうすぐ、谷地のどんが祭りです。みなさんの家の「からかい煮」は、どんな味付けでしょうか?

  庄内では「からげ」、内陸では「からかい」と呼び方は異なるが、共にエイを乾燥させたものを指す。大きくて固いので、切る時は「押し切り」を使い、食べやすい大きさに切っている。藤沢周平の小説の一説にも、「煮るとなかなかの美味になる。」と書かれている。
   
 
  《参考資料》    
  「滔々と最上川今昔第10部(食べる)」 山形新聞
「日本の食生活全集6 聞き書山形の食事」 「日本の食生活全集山形」編集委員会 
                              社団法人農山漁村文化協会、1988年
「味のふるさと22 山形の味」 角川書店、1978年
「やまがた郷土料理探訪」 山形県グリーン・ツーリズム推進協議 株式会社大風印刷、平成11年