きりたんぽ [きりたんぽ]  
 
 

 
きりたんぽ

 
牛乳

 
たらのマヨネーズやき

 
菊花あえ

 
りんご
   
   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
657kcal
24.5g
16.1g
317mg
1.8mg
157μgRE
0.23mg
0.43mg
17mg
4.1g
2.4g
92mg
2.5mg
 
  「きりたんぽ」は秋田県で昔から作られている代表的な郷土料理です。「きりたんぽ」はつぶしたご飯を杉の棒に細長く巻きつけて、炭火などで香ばしく焼き上げます。家庭では、ホットプレートを使ってもおいしく作ることができまかづのす。「きりたんぽ」の発祥地は、県北の大館、鹿角地区と言われています。新米がとれる頃に、ちょうど比内地鶏や野菜類の味も良くなるので秋から冬にかけてよく食べられます。
 今では、おめでたい席に欠かせない料理の一つになっています。今日は、地場産のねぎやまいたけをふんだんに使っておいしくいただきます。
 このおいしいきりたんぽの味を郷土の味として、皆さんもずっと伝えていきましょう。

  昔からこの地方では、炭焼きや狩りを生業としたマタギたちが山にこもる時、保存のために杉の木で作った串にご飯を細く巻きつけて炭火でこんがりと焼き、山でしとめたキジや山鳥、近くにあった山ごぼうやきのこなどと煮込んだことから始まったと言われている。「きりたんぽ」の「たんぽ」とは槍の刃を覆う部分のことで、棒に巻きつけた形がそれに似ていることから、「たんぽ」と呼ばれ、鍋に入れる際、切っていれることから「切りたんぽ」……「きりたんぽ」と称されるようになったと言われている。県北地方では、ごく普通の家庭料理で各家庭で母から子へと代々受け継がれてきた、いわば「おふくろの味」である。また、来客をもてなすために欠かせない料理でもあり、冠婚葬祭にはつきものの料理である。
   
 
  《参考資料》    
  「阿仁川流域の郷土料理」 建設省東北地方建設局森吉山ダム工事事務所著