秋田  AKITA
   
 北東北に位置し、世界遺産に登録されている「白神山地」を有する秋田県は、海や山などの自然環境に恵まれ、たくさんの特産物を持つ「食材」の宝庫です。
 南北に長く、気候・風土の差があり、それぞれの地域性を生かした独自の「食文化」を育んできているところです。
 恵まれた自然を生かして作られる地場産物や特産物をはじめ、生活の知恵から生まれた、郷土料理は数えきれないほどあります。
 
  きりたんぽ     しょっつる鍋     納豆汁



 

  きりたんぽ きりたんぽ    
   
エネルギー ・・・・・ 449kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 13.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 5.2g
カルシウム ・・・・・ 42mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 28μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.16mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.18mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 2.0g
マグネシウム ・・・・ 50mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 2.2mg

 

由 来
   「きりたんぽ」は、秋田県の北部、大館(おおだて)・鹿角(かづの)地方が発祥の地とされています。
  昔からこの地方の炭焼きや狩りを生業としたマタギたちが山にこもる時、持参した杉の木で作った串にご飯を細く巻きつけて炭火でこんがりと焼き、山でしとめたキジや山鳥、近くにあった山ごぼうやきのこなどと煮込んだことから始まったと言われてい ます。
  「きりたんぽ」の「たんぽ」とは槍の刃を覆う部分のことで、棒に巻きつけた形がそれに似ていることから、「たんぽ」と呼ばれ、鍋に入れる際、切っていれることから「切りたんぽ」と称されるようになったと言われています。
 今では、簡単に「きりたんぽ」と言えば「きりたんぽ鍋」を称するようになっています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 鶏がらと水でだしをとる。
○ ごぼうを水につけあくをとる。

作り方
米を炊き、熱いうちにつぶし、手に塩をつけてひと握り大にまとめる。
これを杉の棒に細く長く巻きつけ、表面を焼き目がつくように焼く。
鶏がらだしに鶏もも肉を入れ、あくを取る。
ごぼう、つきこんにゃく、まいたけを順に入れ、調味料で味つけする。
きりたんぽ、根深ねぎ、せりを入れてひと煮する。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
①②きりたんぽ
⑨⑩鶏がらだし→③鶏もも肉→④ごぼう→⑤つきこんにゃく→⑥まいたけ→⑪⑫⑬⑭→①②きりたんぽ→⑦→⑧

  ① 精白米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 鶏もも肉(こま切れ)・・・・・・・・・・
④ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・・
⑤ つきこんにゃく(3㎝に切る)・・・・・
⑥ まいたけ(ほぐす)・・・・・・・・・・・・
⑦ 根深ねぎ(斜め切り)・・・・・・・・・・
⑧ せり(3㎝に切る)・・・・・・・・・・・・
⑨ 鶏がら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100g
220g
25g
15g
25g
15g
10g
10g
20g
200g
10g
2g
2g
0.5g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

 

  



  しょっつる      しょっつるなべ      
   
エネルギー ・・・・・ 161kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 17.7g
脂質 ・・・・・・・・・・ 7.0g
カルシウム ・・・・・ 127mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 114μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.21mg
ビタミンC ・・・・・・・ 11mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.8g
マグネシウム ・・・・ 42mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.1mg


由 来
  しょっつるとは、魚醤(ぎょうしょう)の一つです。県魚ハタハタに塩を混ぜ重石をのせて漬け込み、1年以上かけて醗酵 (はっこう)させます。発酵後、上澄液が出ます。この上澄液のことを「しょっつる」と言います。
   魚醤は、東南アジアから日本に伝わり、室町時代に大豆から醤油が作られるようになってからは、その姿を消しましたがその名残が秋田県に伝わってい ます。
   冬が近づくと、日本海側には、産卵のためにハタハタがやって きます。旬の野菜、きのこをふんだんに使い、調味料としてしょっつるを入れる、秋田県の寒い冬に なじみ深い鍋料理です。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 昆布と水でだしをとる。

作り方
だし汁ににんじん、はくさい、つきこんにゃく、えのきたけを入れて
煮る。
しょっつるで味付けして、ハタハタ、木綿豆腐、根深ねぎを入れ、ひ
と煮立ちさせて味をととのえる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨⑩だし汁→①にんじん→②はくさい→③つきこんにゃく→
④えのきたけ→⑤しょっつる→⑥ハタハタ→⑦木綿豆腐→⑧根深ねぎ

  ① にんじん(花型に切る)・・・・・・・・
② はくさい(短冊切り)・・・・・・・・・・・
③ つきこんにゃく(3㎝に切る)・・・・・
④ えのきたけ(ほぐす)・・・・・・・・・・
⑤ しょっつる・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ ハタハタ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ 木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 根深ねぎ(斜め切り)・・・・・・・・・・
⑨ こんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
40g
30g
20g
7cc
100g
50g
30g
2g
200cc
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


  




 

  納豆汁    なっとうじる      
   
エネルギー ・・・・・ 114kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 7.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 5.3g
カルシウム ・・・・・ 594mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.7mg
ビタミンA ・・・・・・・ 24μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.10mg
ビタミンC ・・・・・・・ 2mg
食物繊維 ・・・・・・・ 3.1g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.6g
マグネシウム ・・・・ 46mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.9mg

 
由 来
  秋田県の南部に位置する横手市金沢地区には「納豆発祥伝説」が残っています。平安時代に起きた「後三年の役 (ごさんねんのえき)」で、八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)が農民に煮大豆を供出させたところ、急ぎのため入れ物が間に合わず、俵につめて差し出しました。これがいつのまにか納豆になり、ためしに食べてみたところ、とてもおいしい食べ物に変わっていました。これが後 世に伝わり、納豆の誕生となったといわれています。昔、冬場に新鮮な野菜が収穫できない山間部の地域では保存のきく塩漬けのきのこや山菜類を納豆汁の具材にふんだんに使い、冬場の野菜不足を補っていました。自家製の豆腐や油揚げ、みそ、そして納豆を使ったこの料理は各家庭によって作り方や材料も違い、これも納豆汁の特徴とい えます。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 煮干しと水でだしをとる。
○ 納豆はすり鉢でよくすりつぶす

作り方
だし汁に、さといも、にんじん、油揚げを入れて煮る。
きのこ、わらびを加える。
木綿豆腐を加えて赤みそで味付けをする。
すりつぶした納豆を加える。
納豆の風味を損なうため、汁を煮立てないように気をつけること。
最後に根深ねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑩⑪だし汁→①さといも→②にんじん→③油揚げ④きのこ→⑤わらび→⑥豆腐→⑧赤みそ⑨納豆→⑦ねぎ

  ① さといも(さいの目切り)・・・・・・・・
② にんじん(薄いいちょう切り)・・・・・
③ 油揚げ(さいの目切り)・・・・・・・・
④ きのこ(なめこ、さわもだしなど)・・
⑤ わらび(1㎝に切る)・・・・・・・・・・・
⑥ 木綿豆腐(さいの目に切る)・・・・
⑦ 根深ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・
⑧ 赤みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 納豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20g
3g
5g
10g
10g
30g
8g
12g
16g
3g
適量