岩手県 IWATE  
   
 岩手県は、本州一広大な面積を持ち豊かな自然に恵まれています。気象条件が変化に富んでいるので農業資源に恵まれ、県内各地では立地条件を生かした多彩な農業が展開されています。
 冷涼でなかなか米がとれなかった県北地域では「ひっつみ」などの粉食習慣が多く見られ、暖かで稲作に適した県南では、30種類以上も食べ方があるといわれる餅 (もち)文化が栄えました。
 リアス式の陸中海岸は有数の漁場であり、サンマの水揚げ量も多く、わかめやこんぶの養殖も盛んです。岩手は豊かな農畜産物を全国に向けて送り出す、我が国の食料供給基地としての役割を担っています。

  ひっつみ     さんまのすり身汁     すき昆布の煮付け

 

  ひっつみ  ひっつみ      
   
エネルギー ・・・・・ 103kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.6g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.8g
カルシウム ・・・・・ 16mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 77μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.8g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 17mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg


由 来
 小麦粉を水で耳たぶくらいのやわらかさまでこね、ねかしたものをひっつまんで(ひきちぎっての方言)鍋に入れることから「ひっつみ」の名がつきました。昔は米を節約するために主食として、また農作業中の「小昼 (こびる)」として食べられていました。特に決まった材料はありませんが、にんじん・ごぼう・季節のきのこや野菜などを川魚や川蟹 (かに)・地鶏などからとっただし汁の中に入れてしょうゆ味やみそ味で仕上げます。そのほか「ひっつみ」をゆでてあんこの中に入れたり、きなこをまぶしたり、山でたくさん採れるクルミを使ったたれに入れる食べ方もあります。
  土地や家庭によって多様な「ひっつみ」があり、だしの材料も入れる野菜も味付けも、その土地で採れたものを上手に使っています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ ひっつみの生地を作る。
小麦粉に水をまんべんなく入れ、耳たぶくらいのやわらかさにこね、乾燥しないようにして2時間くらいねかせておく。
○ 乾しいたけは洗って水でもどす。(もどした水はだし汁として使う。)

作り方
だし汁で鶏もも肉、煮えにくい野菜から順に入れて煮る。
アクをとり、調味料を入れる。
「ひっつみ」の生地を持ち、手に水をつけながら薄くのばして、食べやすい大きさにちぎって煮立っている汁の中に入れる。ひっつみは煮えると浮き上がってくる。
味をととのえ、最後にねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨だし汁→⑥ごぼう→⑧もどしたしいたけ→④だいこん→⑤にんじん→③とり肉→⑩⑪⑫→①②ひっつみの生地→⑦ねぎ

  ① 南部小麦(中力粉)・・・・・・・・・・・
② 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 鶏もも肉(小間切れ)・・・・・・・・・・
④ だいこん(0.3㎝いちょう切り)・・
⑤ にんじん(0.3㎝いちょう切り)・・
⑥ ごぼう(小さめささがき)・・・・・・・・
⑦ 根深ねぎ(斜め切り)・・・・・・・・・・
⑧ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
⑨ だし汁(しいたけのもどし汁+水)
⑩ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20g
8g
10g
20g
5g
5g
5g
1g
180g
6g
1g
0.3g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


  


  さんまのすり身汁  さんまのすりみじる         
   
エネルギー ・・・・・ 148kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 9.4g
カルシウム ・・・・・ 69mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.1mg
ビタミンA ・・・・・・・ 159μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.12mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.7g
マグネシウム ・・・・ 29mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.7mg

 
由 来
  約60年前から三陸沖でもさんまが多くとれるようになりました。それまで塩焼きや塩炊きなどがさんま料理の定番でしたが、お茶寄せに集まった主婦たちが、さんまをすり鉢でよくすり だんご型にして入れた汁物を考案しました。
それが「さんまのすり身汁」の始まりだといわれています。さんまをよくすると、ふんわりと仕上がり煮崩れしません。みそ仕立てが基本ですが、しょうゆ味も定番となっています。
   現在、三陸に水揚げされるさんまの漁獲量は全国でも上位を占めています。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ さんまのすり身にとき卵と米みそ、酒、塩を加え、小麦粉(薄力粉)をよく混ぜ合わせておく。小麦粉の量は、さんまの脂ののりによって加減する。

作り方
鍋に水を入れ、にんじん、だいこんを煮る。
野菜が八分どおり煮えたら、さんまのすり身をだんごにして落としていく。少し煮出してうまみをだす。
すり身だんごが浮いてきたら、豆腐を入れて煮る。
うすくちしょうゆ、酒、塩で調味する。
最後にねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑮→⑧にんじん→⑦だいこん→①②③④⑤⑥(さんまのすり身)→⑩豆ふ→⑪⑫⑬⑭→⑨ねぎ

  ① さんま(すり身) ・・・・・・・・・・・・・
② 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 米みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 小麦粉(薄力粉) ・・・・・・・・・・・・
⑦ だいこん(0.3㎝いちょう切り)・・
⑧ にんじん(0.3㎝いちょう切り)・・
⑨ 根深ねぎ(斜め切り) ・・・・・・・・・
⑩ 木綿豆腐(4㎝位三角切り) ・・・・
⑪ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑫ うすくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
30g
3g
3g
0.5g
0.1g
1.5g
15g
10g
10g
25g
3.5g
2.5g
0.6g
0.2g
150g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  


 

  すき昆布の煮付け  すきこんぶのにつけ    
   
エネルギー ・・・・・ 71kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.3g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.5g
カルシウム ・・・・・ 44mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.8mg
ビタミンA ・・・・・・・ 150μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.02mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.3g
マグネシウム ・・・・ 28mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.5mg

 
由 来
  美しい自然ときれいで厳しい三陸の海は、海藻(かいそう)の宝庫でもあります。岩手で生産される昆布は、マコンブ、ホソメコンブ、ミツイシコンブの3種類。天然ものと養殖(ようしょく)ものとがあり、昭和40年代にコンブの養殖試験に成功してからは、沿岸全域で養殖が行われています。生産量は、北海道に次いで全国2位です。
  「すき昆布」は、三陸沖で採れたミネラルたっぷりの真昆布を一度熱湯でゆでてから冷却し、幅を2~3㎜に細かく刻んでぬめりをとり、紙すきと同じ方法の専用のすのこで乾燥して作られるため、この名前がつきました。
  水につけてもどし、よくほぐして食べやすい長さに切って煮つけたものは、日常食としてよく作られたものです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 乾しいたけは洗って水でもどす。(もどし汁はだし汁として使う。)
○ 煮干しと乾しいたけのもどし汁でだしをとる。
○ しらたきはあく抜きをする。
○ すき昆布(乾燥)は、水で戻す。(戻しすぎると、煮たときに軟らかくなり過ぎるので注意する。)

作り方
もどしたすき昆布を5cm 位に切って、だし汁で煮る。
にんじん、しいたけ、しらたき、凍り豆腐の順に煮ていく。
調味料で味を調える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
③⑨⑩だし汁→①すき昆布→②にんじん→③もどししいたけ→
④しらたき→⑤凍り豆腐→⑦砂糖(三温糖)→⑧こいくちしょうゆ→
⑨本みりん

  ① すき昆布(真昆布)(5cm 長さ)・
② にんじん(せん切り) ・・・・・・・・・・
③ 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
④ しらたき(3cm 長さ)・・・・・・・・・・
⑤ 凍り豆腐(短冊切り)・・・・・・・・・・
⑥ 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2g
10g
1g
20g
6g
1.5g
3g
1g
1g
50g