青森県 AOMORI
   
 青森県は、太平洋や日本海、津軽海峡、さらに陸奥湾という豊かな海に囲まれ、八甲田連峰や白神山地等の山々、東には奥入瀬川の流れる三本木原、西には岩木川が流れる津軽平野があります。その恵まれた自然環境から多くの農畜水産物を生産し、それらを活用したおいしい郷土料理が受け継がれています。
 青森県の食材には、生産量全国1位のりんご、ながいも、ごぼう、にんにくがあります。また、米、牛肉、豚肉、鶏肉、卵の生産も盛んに行われています。それから、ほたて、いか、タラ、マグロなど水産物の水揚げも多く、様々な加工品も作られています。
 青森県の食料自給率は115%で全国第4位となっており、食料生産の上で大きな役割を果たしています。
  けの汁  せんべい汁  貝焼きみそ



 

  けの汁  けのしる      
   
エネルギー ・・・・・ 128kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 6.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 4.4g
カルシウム ・・・・・ 135mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 2.0mg
ビタミンA ・・・・・・・ 241μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.07mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンC ・・・・・・・ 4mg
食物繊維 ・・・・・・・ 5.5g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 2.0g
マグネシウム ・・・・ 57mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.8mg


由 来
  約400年前、津軽平定のため、津軽藩祖為信(ためのぶ)が正月に敵の城をせめていたとき、城にあった、だいこん、にんじん、ごぼうなどあり合わせの材料で 作った食事を食べて戦 いました。その材料がちょうど七種類であったことから、津軽の七草粥(ななぐさがゆ)としてけの汁が始まったといわれています。
   また、名前の由来は、白い粥にそえて食べる汁、また、粥にかけて食べる汁という意味から、粥の汁がなまって、けの汁になったと言われています。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 高野豆腐は水でもどす。
○ 油揚げは油ぬきする。
○ こんぶとかつお節と水でだしをとる。

作り方
だし汁にごぼう、にんじん、だいこんを入れて煮る。
大豆水煮、こんにゃく、ふき水煮、ぜんまいを入れて煮る。
高野豆腐、油揚げを入れて煮る。
赤みそを入れて味をととのえる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑪⑫⑬だし汁→③ごぼう→②にんじん→①だいこん→⑥大豆水煮→
⑨こんにゃく→④ふき水煮→⑤ぜんまい水煮⑦高野豆腐→
⑧油揚げ→⑩赤みそ

  ① だいこん(0.7cm かのこ切り)・・・
② にんじん(0.7cm かのこ切り)・・・
③ ごぼう(0.7cm かのこ切り)・・・・・
④ ふき水煮(0.7cmみじん切り)・・・
⑤ ぜんまい水煮(0.7cmみじん切り)
⑥ 大豆水煮(又は金時豆水煮)・・・
⑦ 高野豆腐(0.7cmかのこ切り)・・・
⑧ 油揚げ(0.7×0.5cmせん切り)・・
⑨ こんにゃく(0.7cmかのこ切り)・・・
⑩ 赤みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ こんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40g
15g
10g
10g
10g
10g
5g
5g
40g
13g
1g
3g
180g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  せんべい    せんべいじる    
   
エネルギー ・・・・・ 70kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 4.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 0.7g
カルシウム ・・・・・ 18mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.4mg
ビタミンA ・・・・・・・ 79μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.10mg
ビタミンC ・・・・・・・ 3mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.7g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.1g
マグネシウム ・・・・ 21mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.6mg


由 来
  江戸時代後期、飢饉(ききん)や凶作で、まずしい農民たちは米を食べることができなかった とき、南部八戸(はちのへ)地方では独自の「麦・そば食文化」が発達しました。その中で誕生したのが、半熟焼きの麦せんべいやそばせんべい(てんぽせんべい、もちせんべい)で、現在の「南部せんべい」の始まりといわれています。
   南部せんべいは、主食や間食としてそのまま食べるだけでなく、野菜やウグイ、きじ、山鳥、かに、うさぎなど、季節の具材を入れた汁物に、ちぎって入れる食べ方も します。これが、「せんべい汁」の始まりです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ ひらたけは石づきをとり小ふさにわける。
○ 煮干しと水でだし汁をとる。

作り方
だし汁にごぼう、にんじんを入れ、沸騰したら鶏もも肉、ひらたけ、
酒を入れる。
野菜がやわらかくなったらこいくちしょうゆを入れる。
汁が煮たったら、せんべいを4つにわり入れ、2~3分煮る。(沸騰
をし続けることで、もちもち感がでる。)
最後に根深ねぎを入れる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨⑩だし汁→③ごぼう→④にんじん→②鶏肉→⑤ひらた→⑧→⑦→
①おつゆせんべい→⑥ねぎ

  ① おつゆせんべい・・・・・・・・・・・・・
② 鶏もも肉(そぎ切り)・・・・・・・・・・・
③ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・・
④ にんじん(ささがき)・・・・・・・・・・・
⑤ ひらたけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 根深ねぎ(小口切り) ・・・・・・・・・
⑦ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ 煮干し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15g
15g
15g
10g
10g
10g
7g
2g
2g
150g
   
     
     
     
     
     
     
  ※きのこはぶなしめじ、しいたけ、まいたけ、ならたけなどでもよい。
※おつゆせんべいとは南部せんべいのことです
   
     
     
     
     


 

  

 



 

  貝焼きみそ     かいやきみそ    
   
エネルギー ・・・・・ 116kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 12.2g
脂質 ・・・・・・・・・・ 6.0g
カルシウム ・・・・・ 45mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 72μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.05mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.30mg
ビタミンC ・・・・・・・ 1mg
食物繊維 ・・・・・・・ 0.4g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.2g
マグネシウム ・・・・ 29mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.3mg

 
由 来
  貝焼きみそは、津軽で昔から、かぜをひいたときや、その他の病気や回復期の病人、産婦などに食べさせたものです。
  たまごが病人の食べ物として、大事にあつかわれたころのごちそうのひとつであったと思われます。
ほたての貝がらに限らず、土なべやふつうの小なべを使って作るなど様々ですが、やはり、貝がらを使ったものが貝のうまみも出ておいしいようです。また、必ずほたてが入るわけではなく、たまごとみそとかつお節だけのものや、白身魚をほぐして入れるものもあります。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 貝がらはよくあらう。

作り方
貝がらに水を入れて火にかけ、沸騰(ふっとう)してきたら1㎝角くらいに切ったほたてと、かつお節と赤みそを入れてとく。
葉ねぎを加えて煮て、ふつふつと煮えてきたら、ときたまごを回し入れて煮て火を止める。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑥水(ほたての貝がら)→②ほたて→④かつお節→⑤赤みそ→
③葉ねぎ→①鶏卵

  ① 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② ほたて(1cm 角切)・・・・・・・・・・・
③ 葉ねぎ(小口切)・・・・・・・・・・・・・
④ かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 赤みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
50g
20g
5g
2g
10g
30g
   
     
     
     
     
     
     
  ※ほたての貝がらを器として使う