北海道 HOKKAIDO  

   
 北海道は、四方を海に囲まれ、気候は亜寒帯で梅雨がなく、湿度や気温も低く四季がはっきりしています。そして日本海沿い、太平洋沿い、オホーツク海沿い、内陸の4つの地域に分けられ、豊かな自然環境に恵まれています。
 農業、漁業、酪農が盛んで、生産量全国1位の食材が数多くあり、食料自給率は200%です。
牛乳、米、麦、豆類、じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根などや、鮭、さんまなどの魚介類の宝庫です。
 
  三平汁   芋団子汁   ジンギスカン


 

  三平汁   さんぺいじる      
   
エネルギー ・・・・・ 96kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 7.6g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.3g
カルシウム ・・・・・ 17mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.2mg
ビタミンA ・・・・・・・ 75μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.07mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.06mg
ビタミンC ・・・・・・・ 14mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.2g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.9g
マグネシウム ・・・・ 20mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg


由 来
三平汁は北海道の郷土料理のひとつであり、三平汁に関する最も古い記録は、1784年に書かれた「東遊雑記(とうゆうざっき)」という本に「サンヘイといふものは塩づけの汁にて菜大根をにたるいふ朝夕の菜の物に用ゆ」とあ ります。このほか、北海道の名付け親である 探検家・松浦武四郎(まつうらたけしろう)も、塩づけの魚の汁を味付けに使ったサンペイ(さんへい)について記録してい ます。
 三平汁の最大の特徴は、みそ、しょう油を使わず、塩づけの魚で味付けすることです。近世の北海道では、みそやしょう油は本州から運ばれてくる 貴重品であったため、味付けは塩が中心になりました。塩だけでは味気ないが、塩づけの魚を使うことでうま味が加わり、そこへ保存のきく野菜を加えて 煮込んだのが三平汁です。鮭の産地石狩では、鮭を塩づけすることなく、新鮮な生の鮭を使った石狩鍋が作られるようにな りました。 三平汁、石狩鍋ともに、本来は 捨てられる中骨や頭などの「あら」も使い、料理のうま味を倍増させたという特徴があります。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ こんぶと分量の水でだしをとる。

作り方
だし汁に鮭、だいこん、にんじんを入れ煮る。
八分どおり火が通ったら、じゃがいもを加え煮る。
調味をして、ねぎを加える。
※鮭の塩分によって塩を加減する。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑨⑩だし汁→①塩ざけ→②だいこん→③にんじん→④じゃがいも→
⑥清酒→⑦こいくちしょうゆ→⑧食塩→⑤根深ねぎ

  ① 塩ざけ(一口大)・・・・・・・・・・・・・
② だいこん(いちょう切り)・・・・・・・・
③ にんじん(いちょう切り)・・・・・・・・
④ じゃがいも(厚めのいちょう切り)
⑤ 根深ねぎ(斜切り)・・・・・・・・・・・
⑥ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑧ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑨ こんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑩ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30g
20g
10g
30g
10g
1g
1g
0.2g
2g
130g

   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 
 

  




  芋団子汁 いもだんごじる     
   
エネルギー ・・・・・ 90kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 2.1g
脂質 ・・・・・・・・・・ 1.2g
カルシウム ・・・・・ 16mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.3mg
ビタミンA ・・・・・・・ 70μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.04mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.03mg
ビタミンC ・・・・・・・ 17mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 0.9g
マグネシウム ・・・・ 19mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.2mg

 
由 来
  明治の開拓期、北海道の涼しい気候に合った作物としてじゃがいもの栽培がすすめられました。道南で農場を経営していた川田男爵 (だんしゃく)は、イギリスから病気に強いじゃがいもの品種を導入し ました。そのため、「男爵いも」と呼ばれ、今でも一番多く作られている品種です。
  じゃがいもは保存性の高い食品のため、1年を通していろいろな料理に使われますが、なかでもゆでたり蒸したりした芋をつぶしてでん粉と混ぜた芋団子 (もち)は、そのまま焼いたり、野菜と煮込んだ汁として古くから食べられてき ました。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 鶏もも肉に酒をふっておく。
○ こんぶ、けずり節、水でだしをとる。

作り方
じゃがいもは火の通りやすい大きさに切って蒸し、つぶして熱いうちに塩とでん粉を入れてよくこねる。
棒状にしたいもを1cm の幅に切る。
なたね油を熱し、鶏肉、ごぼう、にんじん、だいこんを炒め、だし汁で煮て調味する。
いも団子を汁の中に入れて煮る。いも団子が浮いてきたら味をととのえ、葱を入れて仕上げる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑭⑮⑯だし汁→⑩なたね油→④鶏もも肉→⑥ごぼう→⑦にんじん→
⑧だいこん→だし汁→⑪清酒→⑫こいくちしょうゆ→⑬食塩→
①じゃがいも(作り方の2で作ったいもだんご)→⑨根深ねぎ

  ① じゃがいも・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ じゃがいもでん粉・・・・・・・・・・・・・
④ 鶏もも肉(スライス)・・・・・・・・・・・
⑤ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑥ ごぼう(ささがき)・・・・・・・・・・・・・
⑦ にんじん(いちょう切り)・・・・・・・・
⑧ だいこん(いちょう切り)・・・・・・・・
⑨ 根深ねぎ(ななめ切り)・・・・・・・・
⑩ なたね油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ 清酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑫ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑬ 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑭ こんぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ けずり節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑯ 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40g
0.15g
8g
5g
0.5g
5g
10g
20g
10g
0.5g
0.5g
4g
0.2g
1g
2g
120g

 

   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  



 

  ジンギスカン    じんぎすかん       
   
エネルギー ・・・・・ 184kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 9.6g
脂質 ・・・・・・・・・・ 8.4g
カルシウム ・・・・・ 35mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 8μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.16mg
ビタミンC ・・・・・・・ 35mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.6g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.4g
マグネシウム ・・・・ 33mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 2.4mg

 
由 来
  ひつじの肉は世界で広く食べられていますが、日本で食べられ始めたのは、大正時代といわれ ています。北海道では、滝川市にある道立種羊場(しゅようじょう)が綿羊飼育を奨励し、羊肉が手に入りやすかったことと、玉 ねぎなどの北海道の野菜が食べ合わせによかったことで、「ジンギスカン」が各家庭で食べられるようになりました。
   伝説では、モンゴル帝国のチンギスハーンがかぶとの上で羊肉を焼いて食べたことから、この名がついたといわれてい ますが、モンゴルには羊肉を焼いて食べる習慣は ありません。中国料理の「鍋羊肉(コウヤンロウ)」がジンギスカンのルーツであるともいわれていて、それを日本人が食べやすいように工夫してできた料理といわれています。

 
材料・分量 下処理・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ ラム肉に、しょうが、にんにくと本みりん、こいくちしょうゆで下味をつけておく。
○ じゃがいもは下ゆでしておく。

作り方
⑬~⑯の合わせ調味料の野菜をミキサーにかけ、⑰~21)の調味料を入れて加熱しタレを作る。
ジンギスカン鍋に⑫なたね油をひいて熱し、下味をつけたラム肉、たまねぎ、キャベツ、もやし、ピーマン、下ゆでをしたじゃがいもを焼く。
1のタレをつけて食べる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
⑬~⑯野菜→⑰~21)調味料→⑫なたね油→①下味をつけたラム肉→
⑧たまねぎ→⑨キャベツ→⑩もやし→⑪ピーマン→⑦ゆでたじゃがいも

  ① ラム肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② しょうが(根茎)・・・・・・・・・・・・・・
③ にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
④ 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
⑥ なたね油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑦ じゃがいも(0.5cm輪切り)・・・・・・
⑧ たまねぎ(1cm輪切り)・・・・・・・・
⑨ キャベツ(3cmたんざく切り)・・・・・
⑩ りょくとうもやし・・・・・・・・・・・・・・・
⑪ ピーマン(1/6切り)・・・・・・・・・・・
⑫ なたね油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑬ しょうが(根茎)・・・・・・・・・・・・・・
⑭ にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑮ たまねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑯ りんご・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑰ 砂糖(きび砂糖)・・・・・・・・・・・・・
⑱ トマトケチャップ・・・・・・・・・・・・・・
⑲ ウスターソース・・・・・・・・・・・・・・
⑳ こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
21)ぶどう酒(赤)・・・・・・・・・・・・・・・

40g
0.4g
0.4g
1g
2g
0.3g
30g
50g
20g
40g
10g
0.2g
0.5g
0.3g
5g
5g
0.5g
2g
4g
4g
1g