地場産物を利用した行事食
     < 旧正月> ソーキ汁  
 
 

 エネルギー 174kcal 
 たんぱく質 19.8g 
 脂質 7.3g 
 カルシウム 125mg 
 鉄 1.9mg 
 ビタミンA 182μgRE 
 ビタミンB1 0.11mg
 ビタミンB2 0.17mg
 ビタミンC 23mg
 食物繊維 3.1g
 食塩 2g
 マグネシウム 24mg
 亜鉛 1.5mg




 

 「トゥシヌユル」とは大晦日のことです。旧暦には31日はないので旧暦の12月30日に、屋敷の中を清め正月の準備をします。
 日頃貧しい食生活を送っていた庶民が、新年などのハレの日を迎えるために、家畜として飼育していた豚を料理しました。邪気を払うためにお膳の側にニンニクの葉を添えて、仏前に供えてから食べます。
 沖縄の行事食は豚肉を使った料理が多く、ソーキとは、骨つきあばら骨肉のことです。ソーキ汁は、様々な行事に欠かせない沖縄県の代表的な汁ものです。
      学校給食献立例
   




赤米ご飯・牛乳・ミミガー和え(豚の耳の和え物)
ソーキ汁・みかん 
※ミミガーは豚の耳



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 ソーキ骨 「骨つきあばら骨肉」(3cmに切る) 900
 大根(1cmいちょう切り) 500
 島にんじん
 (0.5cmななめ切り)
200
 からしな
 (7~8cmに切る)
100
 こんぶ(乾) 10
 水(煮こみ用) 1600ml
 しょうが
 (おろして汁を使う)
30
 かつお節 20
 水 800ml
 食塩 7
 こいくちしょうゆ 13ml



 
下ごしらえ
 
○ソーキ骨は、ゆでておく。
○かつお節と水でだ汁をとる。
○こんぶを水でもどす。
○からしなをゆでる。
   
作り方
 
ソーキ骨は骨2本とりにして切り、湯洗いする。
こんぶは、結びこんぶにする。大根は切って固めにゆでる。
鍋に分量の水を入れソーキを入れて強火にかけ、沸騰したらアクを取りながら弱火で煮たてないように1時間程度煮る。
途中で昆布を入れ、しばらく煮込む。
にんじん、ゆでた大根の順に入れ30~40分くらい煮込む。だし汁を入れて塩、しょうゆで味をととのえ、全体に味がなじむまで煮込む。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.