地場産物を利用した行事食
     <年取り> おひら  
 
 

 エネルギー 212kcal 
 たんぱく質 14.7g 
 脂質 9.6g 
 カルシウム 71mg 
 鉄 1.7mg 
 ビタミンA 309μgRE 
 ビタミンB1 0.14mg
 ビタミンB2 0.34mg
 ビタミンC 9mg
 食物繊維 3.6g
 食塩 1.8g
 マグネシウム 46mg
 亜鉛 0.6mg




 

 津久見(つくみ)地区では、年取りのお膳に「おひら」を炊くのが習わしでした。漁村ではよい鯖がとれた時に背から割って塩をして、真菰(まこも)で包んで風通しのよいところに下げて保存していました。農山村部では、塩さばが手に入らなければ豆腐、油揚げなどで作りました。
 本来は和食の一汁三菜の本膳の中に「平(ひら)」があり、海、山、里のものを5種類ほど取り合わせて煮た煮物のことです。平たいふた付きの椀に盛ったことからこう呼ばれました。
 津久見(つくみ)地区では、今はお正月の料理(ハレの料理)として作っていた「塩さばの煮物」を「おひら」と呼ぶことが多いようです。
 
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・おひら・紅白なます・かぼすゼリー



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 塩さば   200
 だいこん
 (縦に長さ5㎝厚さ1㎝) 
160
 さといも(1個のまま) 80
 にんじん
 (縦に長さ4㎝厚さ7mm) 
80
 板こんにゃく
 (7mm厚切り)
120
 生揚げ(1㎝厚切り) 120
 砂糖(上白糖) 10
 こいくちしょうゆ  18ml
 本みりん  9ml
 まこんぶ 8
 清酒 10ml
 水 200ml



 
下ごしらえ
 
○まこんぶは水につけてもどし、結ぶ。
○塩さばは水洗いしておく。
○さといもは皮をむいて、切らずに塩もみをして洗っておく。
○板こんにゃくは切って、塩もみをしてゆでておく。
   
作り方
 
まこんぶを清酒と水だけで30分ほど煮る。
だいこん、こんにゃく、さといも、にんじん、生揚げの順番で鍋に並べ、水、砂糖 (上白糖)、こいくちしょうゆ、本みりんの順で調味料を入れて沸騰してきたらアクを とり、一番上に塩さばを並べて煮る。
アクをとって、30分くらい煮る。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.