地場産物を利用した行事食
     <人日 (じんじつ)の節句> 七草粥 (ななくさがゆ)  
 
 

 エネルギー 235kcal 
 たんぱく質 4.7g 
 脂質 0.5g 
 カルシウム 49mg 
 鉄 0.8mg 
 ビタミンA 145μgRE 
 ビタミンB1 0.44mg
 ビタミンB2 0.05mg
 ビタミンC 9mg
 食物繊維 2g
 食塩 2.2g
 マグネシウム 35mg
 亜鉛 0.8mg




 

 七草は五節句の一つで、旧暦正月七日の行事です。7種の野菜を刻んで入れた粥(かゆ)を七種粥(七草粥)といい、これを食べて、邪気を払い万病を除き、一年を健康で過ごすことを願ったものです。
 「若菜摘み」は、新鮮な食材を求め、無病息災を願うという春の行事で、その精神が、現在も正月七日に「七草粥を食べる」という行事に引き継がれています。
      学校給食献立例
   




七草粥・牛乳・豚肉のしょうが煮
かぶのゆず漬け・豆乳デザート



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 精白米 240
 まこんぶ 4.8
 水 1400ml
   
 食塩 5.6
 大根(いちょう切り) 80
 大根葉(あらくきざむ) 40
 かぶ(いちょう切り) 40
 にんじん(いちょう切り) 20
 ごぼう(ささがき) 20
 しらすぼし 8
 うすくちしょうゆ 14ml



 
下ごしらえ
 
○精白米を洗って水気をきっておく。
○大根葉はゆでておく。
   
作り方
 
精白米を水とまこんぶを入れて煮る。
沸騰したらまこんぶを引き上げる。
野菜としらすぼしを加え弱火で炊く。
うすくちしょうゆを加える。
大根葉を加える。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.