地場産物を利用した行事食
     <正月> 博多雑煮(はかたぞうに)  
 
 

 エネルギー 206kcal 
 たんぱく質 11.0g 
 脂質 5.8g 
 カルシウム 47mg 
 鉄 1.1mg 
 ビタミンA 252μgRE 
 ビタミンB1 0.12mg
 ビタミンB2 0.17mg
 ビタミンC 27mg
 食物繊維 0.6g
 食塩 1.4g
 マグネシウム 32mg
 亜鉛 1.1mg




 

 焼きあご(とびうお)でとっただしに、ぶり・かつお菜・さといも・にんじん・するめ・こんぶ・だいこん・しいたけなどのたくさんの具と丸もちを入れたものが博多雑煮(はかたぞうに)です。
 かつお菜は、博多に古くから伝わる野菜で高菜の仲間に分類されます。その名称は、「かつ」が「勝つ」に通じる縁起を担いだ名とも、かつお節に似た味の良さにちなんだ名とも言われます。濃い緑色の葉は肉厚で、少し縮れています。
 あご(とびうお)は、かつては田畑の肥料として使うほどたくさん獲れていましたが、煮出した汁がとてもおいしかったので、ハレの日の正月雑煮に使われるようになりました。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・博多雑煮・黒豆・やましお漬け



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 丸もち 4個
 ぶり(一口大そぎ切り) 120
 さといも(1.5cm輪切り) 80
 にんじん
 (0.5cmいちょう切り)
40
 だいこん
 (0.5cmいちょう切り)
80
 かつお菜(4cmに切る) 100
 乾しいたけ 4個
 するめ 8
 こいくちしょうゆ 4ml
 うすくちしょうゆ 10ml
 食塩 1.2
   
 焼きあご 15
 まこんぶ 5
 水+
 乾しいたけのもどし汁
600ml



 
下ごしらえ
 
○するめを水につけておく。
○焼きあごとまこんぶを水につけ、だしをとる。
○乾しいたけは水でもどしておく。もどした汁はだし汁として使う。
○さといもは下ゆでしておく。
○ぶりは塩をふり、湯引きして臭みをとる。
   
作り方
 
だし汁にこいくちしょうゆ・うすくちしょうゆ・食塩で味をつける。
ぶり、さといも、にんじん、だいこん、もどししいたけは、それぞれやわらかく煮る。
丸もちとかつお菜をゆでる。
器にゆでた丸もちを入れ、2の具とするめ、かつお菜を盛りつけ、熱いだし汁をそそぐ。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.