地場産物を利用した行事食
     <旧正月> ぎんぶろうずし  
 
 

 エネルギー 334kcal 
 たんぱく質 7.2g 
 脂質 1.7g 
 カルシウム 39mg 
 鉄 1.0mg 
 ビタミンA 75μgRE 
 ビタミンB1 0.42mg
 ビタミンB2 0.06mg
 ビタミンC 2mg
 食物繊維 3.2g
 食塩 1.3g
 マグネシウム 24mg
 亜鉛 0.3mg




 

 「ぎんぶろう」はインゲン豆の一種で、黒豆のうま味と金時豆の甘味を兼ね備えた豆です。
 銀不老(ぎんぶろう)の「ぎん」は、この豆が黒色でつやがあること、「ふろう」は「不老」で、体に活力を与え、若さを保つことにちなむと考えられています。
 昔から大豊町(おおとよちょう)の山畑で、とうもろこしの株元に種をまきツルを絡(から)ませて栽培され、ほとんど自家用として消費されてきました。
 ハレの日の行事には、ぎんぶろうの入った五目ずしが作られてきました。
      学校給食献立例
   




ぎんぶろうずし・牛乳・きびなごのからあげ
いそべ和え・すまし汁・ぽんかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 精白米 300
 水 360ml
 砂糖(上白糖) 20
 ゆず  果汁 24ml
 穀物酢 8ml
 食塩 2.8
   
 白ごま 4
 しょうが(みじん切り) 4
 ぎんざぶろう 28
 ごぼう(ささがき) 12
 にんじん(せん切り) 20
 切干だいこん 6
 板こんにゃく(せん切り) 20
 乾しいたけ(せん切り) 4
 かつお節 6
 水 120
 砂糖(上白糖) 4
 うすくちしょうゆ 1
 鶏卵 20



 
下ごしらえ
 
○精白米を洗って、水気をきっておく。
○かつお節と水でだし汁をとる。
○ぎんぶろうは柔らかく煮ておく。
○乾しいたけ、切干だいこんは、水でもどしておく。
○板こんにゃくはゆでておく。
   
作り方
 
ごはんを 炊き、合わせ酢をつくり、すし飯をつくる。
具を小さく切り、だし汁で煮る。
鶏卵はうす焼き卵にしてせん切りにする。
すし飯に、しょうがと炒った白ごまを加え、切るように混ぜる。
4に具とぎんぶろうを混ぜる。
3を散らす。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.