地場産物を利用した行事食
     <正月> 福めん  
 
 

 エネルギー 116kcal 
 たんぱく質 12.4g 
 脂質 2.5g 
 カルシウム 116mg 
 鉄 1.2mg 
 ビタミンA 34μgRE 
 ビタミンB1 0.05mg
 ビタミンB2 0.12mg
 ビタミンC 3mg
 食物繊維 3.5g
 食塩 1.3g
 マグネシウム 28mg
 亜鉛 0.6mg




 

 昔から南予(なんよ)地方で作られている郷土を代表するこんにゃく料理で、祝い事や正月には今でもよく作られています。
 名前の由来は、細かく切る事を「ふくめ」ということからきたという説と 板こんにゃくがすっかり見えなくなる程たくさん盛り付けて、板こんにゃくを「覆面(ふくめん)」してしまうからだという説があります。 どちらにしても、祝い事の料理なので、「福」という字を当てるのが一般的です。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・鯛の塩焼き・福めん・煮しめ



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 板こんにゃく(せん切り) 600
 こいくちしょうゆ 26ml
 本みりん 9ml
 砂糖(上白糖) 10
   
 えそ  200
 清酒 10ml
 砂糖(上白糖) 10
 食塩 少々
 食紅 少々
   
 鶏卵 50
 砂糖(上白糖) 1
 食塩 0.1
 サラダ油 4ml
   
 葉ねぎ(小口切り) 20
 チンピ(みじん切り) 適量



 
下ごしらえ
 
○板こんにゃくはゆでておく。
   
作り方
 
板こんにゃくを鍋でからいりし、調味料で味をつける。
えそは、蒸して、骨を除いてふきんに包み、水でよくさらし、調味料で味をつけ、食紅で色をつけそぼろを作る。
鶏卵は、錦糸卵にする。
大皿にこんにゃくをこんもりと盛り、その上にそぼろ、ねぎ、錦糸卵、みかんの皮(チンピ)をいろどりよく盛り合わせる。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.