地場産物を利用した行事食
     <初午祭(はつうまさい)> のりふで  
 
 

 エネルギー 98kcal 
 たんぱく質 10.4g 
 脂質 1.6g 
 カルシウム 80mg 
 鉄 1.8mg 
 ビタミンA 296μgRE 
 ビタミンB1 0.11mg
 ビタミンB2 0.18mg
 ビタミンC 7mg
 食物繊維 4.3g
 食塩 1.7g
 マグネシウム 64mg
 亜鉛 1.1mg




 

 のりふでは、のりをたっぷり使った料理で、汁の中ののりをはしでもちあげると、筆の先のようになることからその名があるといわれています。
 出雲市(いずもし)の十六島(うっぷるい)地方でのみとれる岩のりを「十六島(うっぷるい)のり」といいます。歴史は古く「出雲風土記(ふどき)」にもその名は出ており、奈良平安朝の時代から朝廷に献上されました。さらに、江戸時代には将軍家に献上され、江戸の町にも「十六島のり」の名はとどろいていたようです。
 十六島地方では正月や初午祭(はつうまさい)などのハレの日に、貴重で縁起のよい「十六島(うっぷるい)のり」をふんだんに使った「のりふで」が食べられています。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・とり肉のてり焼き
いんげんの和えもの・のりふで・みかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 十六島(うっぷるい)のり
  (いわのり)
24
 *べべ貝     120
 板こんにゃく
  (0.7cm角切り)
80
 木綿豆腐(さいの目) 120
 ごぼう(ささがき)     40
 さといも(1cm角切り) 80
 にんじん
  (荒いみじん切り)
80
 だいこん(0.7cm角切り) 80
 清酒 20ml
 こいくちしょうゆ 32ml
 水 480ml

*べべ貝
 通称ベコ貝
 学名「嫁が傘貝」の一枚貝


 
下ごしらえ
 
○べべ貝と水でだし汁をとる。からはとりだしておく。
   
作り方
 
べべ貝のだし汁にごぼう、こんにゃく、にんじん、さといも、だいこんを入れて煮る。
材料に火が通ったら、十六島のりと木綿豆腐を入れ、こいくちしょうゆと清酒で味付けをする。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.